新着記事

世界の味覚が楽しめる博物館[野外民族博物館リトルワールド]
野外民族博物館リトルワールド

 世界の味覚が楽しめる——といってもデパートの物産売り場ではない。まして、最近はやりの食のテーマパークとやらいうものでもない。正真正銘の博物館である。
 その名も「野外民族博物館リトルワールド」。

続きを読む

バナナの人望を施設名に託す[熱川バナナワニ園]
atagawa1

伊豆高原、というと「高原」という文字から開放的な感があるが、そこから南——東伊豆町から下田にかけては、そんなイメージとはちょっと違ってくる。

天城山からの急峻な山脈が海岸まで容赦なく押し寄せ、伊豆急行はそれをいくつものトンネルと小刻みなカーブでかわしながら、山々の谷あいに広がるわずかなスペースに駅をつくって停車していく。大川、北川、片瀬…とその谷ごとに「温泉」を名乗り、斜面にへばり付くように旅館やホテルがひしめいている。

続きを読む

今太閤が夢の跡[田中角栄記念館]
田中角栄記念館
田中角栄記念館

松本幸四郎を、松たか子の父と説明した方が話が早いように、すでにこの人もそうなってしまったであろうか、新潟にある田中角栄記念館のことである。

田中角栄は第64・65代内閣総理大臣(1972〜74年)、田中真紀子の父である。新潟県刈羽郡二田村(現・西山町)に生まれ、小学校高等科を卒業後、上京。苦学して土建会社から身を起こし、1972(昭和47)年に内閣総理大臣にまで登り詰めたときは、秀吉になぞらえて「今太閤」と呼ばれた。

続きを読む

屹立する最古の郵便局![小平ふるさと村]
小平ふるさと村
小平ふるさと村

 水車小屋や茅葺き農家など7棟が移築・復元された古民家園が、東京の西部・小平市にある。
 民家園としての規模は決して大きくはないが、江戸初期〜中期の建物を復元した開拓ゾーン、江戸後期の建物の農家ゾーン、明治以降の近代ゾーンに分かれた丁寧な作りになっている。

続きを読む

落とし穴や隠し階段のオンパレード[妙立寺/忍者寺]
妙立寺/忍者寺
妙立寺/忍者寺

金沢の寺町は、加賀藩3代藩主・前田利常が寺を集中させて城下の守りとした。そんな一角に、「忍者寺」の一名を持つ、妙立寺なる寺院が建つ。

別に忍者が住んでいたとか、忍者の養成所だったとかいうわけではなく、寺の内部に設けられた、隠し階段などの様々なギミックがそんな名を付けさせたのだろう。
拝観は予約制で、係の人が説明しながら案内をしてくれる。

外観は2階建てだが、内部は7層4階。中2階、中々2階といった複雑な建屋内に23もの部屋がある。それらをつなぐ階段の数は29。そのうちの6階段が本堂の一部に集中し、あちらこちらから伸びた階段が複雑に交差する。しかも、ところどころに落とし穴や隠し階段が潜んでいるのだから、まさに迷宮だ。

続きを読む