新着記事

越後随一の豪農の邸宅[北方文化博物館・豪農の館]
北方文化博物館・豪農の館
北方文化博物館・豪農の館

 越後随一の豪農・伊藤家の本邸を博物館としたもの。伊藤家は1756(宝暦6)年に一町二反九畝二十九歩(約13000平米)の畑を与えられて分家した文吉を初代とする(現在で8代目)。
 農業のかたわら、藍の商売も営むようになり、やがて商いを拡大して、天保年間には名字帯刀を許されるようになった。明治以降は農地の集積に力を入れ、全盛期には1385haの田畑を所有したという。

続きを読む

鍾乳洞を丸ごと科学館に![龍泉新洞科学館]
龍泉新洞科学館
龍泉新洞科学館

 龍泉洞の向かいに建つ科学館。鍾乳洞の中を丸ごと科学館にしてしまった施設なので、建つというよりは穿つと言った方がいいのだろうか。
 館内……いや、洞内にはコウモリなどの洞窟生物の標本や、洞内から発見された土器や石器、鍾乳石の成長などについての地学的な展示がある。

続きを読む

洞内に湧く清水、3つの楽しみ方[龍泉洞]
龍泉洞
龍泉洞

 洞窟の奥行きは現在知られている部分だけで3100m、総延長は5000m以上に及ぶとみられている、日本屈指の巨大鍾乳洞。
 ここの見どころはなんといっても洞内に湧き出す清水が形成した地底湖だ。世界でも有数の透明度をもつと言われており、水深98mの第3地底湖をのぞき込んでみると、深みに達するにつれ青みを増して、吸い込まれそうな気分になる。非公開の第4地底湖では水深120m(透明度41.5m)にもなるという。

続きを読む

先駆的な総合ミニ水族館[市立玉野海洋博物館]
渋川海岸
渋川海岸

 春の海はどこもそうだが、瀬戸内海はとりわけ、のたりのたりと波打つ。
 そんな陽光がまぶしい渋川海岸に面して建つのが、この市立玉野海洋博物館。渋川マリン水族館という愛称を持ち、地元の人にはこちらの方が通りがいいようだ。
 敷地面積4500平米というこぢんまりとした施設であるが、同館の目玉はなんといっても、目の前の瀬戸内海にちなんだ展示。岡山名物の「ままかり」として知られる光り物のサッパや、佃煮(釘煮)にすると旨いイカナゴなどが飼育展示されている。

続きを読む

21世紀にふさわしいエントリー
[下谷七福神]
下谷七福神
下谷七福神

 七福神というユニットが生まれたのは室町時代だというが、七福神めぐりが盛んになったのは、なんといっても江戸時代である。
 当時、江戸庶民の手軽なレジャーとして親しまれ、現在に至るまで、東京には「七福神めぐり」のコースが多い。
 そんななかで、もっとも現代にふさわしいのが、JR山手線鴬谷駅から地下鉄東京メトロ三ノ輪駅にかけて展開している「下谷七福神」だ。

続きを読む