新着記事

5人そろって五色不動![江戸五色不動]
red
red

「目黒」や「目白」という地名は知っているだろうか?多くの人が「もちろん!」と答えるだろう。

では「目青」は?「目黄」は?「目赤」は?

かつて、寛永年間(1624〜44)、徳川幕府は江戸鎮護のため、赤・青・黄・白・黒の5色の不動を設置した。

そう、「目黒」や「目白」は、本来、5つそろって一揃えだったのである。

続きを読む

嗚呼!クリオネの踊り食いを疑似体験
go_odori-gui0

パッケージを開けると、ケースに納まったクリオネが30匹ほど、勢揃いしている。普通は、ケースから竹の箸などを使って上品に、このクリオネたちを菓子皿に移すのだろうがここはちょっとワイルドに手づかみで頂こう。

手でガッとつまんだ時の触感はまるで浜辺に打ち上げられたクラゲに触れたかのようだ。べたりとはりついているクリオネを、ケースから引き離す。この粘度はまるでウミウシか何かを岩からひきはがしているかのような快感を与える。

続きを読む

ひと味違う「日本海」展示[新潟市水族館マリンピア日本海]
日本海
日本海の夕日@新潟県

 湘南の浜辺で夕日を眺めていた時のこと。
「怖い」と小さな声で彼女は言った。
「なにも怖くはないよ」と身を乗り出してみたもののどうも勝手が違う。彼女が「怖い」と言ったのは夕日。新潟県出身の彼女にとって「太平洋の夕日」は、怖いものらしいのだ。

続きを読む

桃太郎の聖地ここにあり[桃太郎神社]
momotaro1

 もし「桃太郎といえば岡山」と何の気なしにでも思っている人がいるとすれば、愛知県人、なかんづく犬山市民から、猛烈な反駁を食らうに違いない。

 なぜならば、愛知県犬山市においては、桃太郎の3匹の家来が住んでいた「犬山」「猿洞」「雉ヶ棚」という地名に始まり、鬼の使った金棒鬼の珍宝なる秘宝、さらには鬼の頭骨写真やおばあさんの足跡など、鬼と桃太郎の実在を示す多くの証拠が現存しているのである。 続きを読む

越後随一の豪農の邸宅[北方文化博物館・豪農の館]
北方文化博物館・豪農の館
北方文化博物館・豪農の館

 越後随一の豪農・伊藤家の本邸を博物館としたもの。伊藤家は1756(宝暦6)年に一町二反九畝二十九歩(約13000平米)の畑を与えられて分家した文吉を初代とする(現在で8代目)。
 農業のかたわら、藍の商売も営むようになり、やがて商いを拡大して、天保年間には名字帯刀を許されるようになった。明治以降は農地の集積に力を入れ、全盛期には1385haの田畑を所有したという。

続きを読む