新着記事

[感想後記]世界最古のヒーロー物語とその背景/古代オリエント博物館「ギルガメシュと古代オリエントの英雄たち」展
古代オリエント博物館「ギルガメシュと古代オリエントの英雄たち」展
古代オリエント博物館「ギルガメシュと古代オリエントの英雄たち」展

「人類最古の文学」と称されている『ギルガメシュ叙事詩』は、粘土板に楔形文字で刻まれた状態で、19世紀に再発見された

古代オリエント博物館(東京・池袋)では、夏の特別展「ギルガメシュと古代オリエントの英雄たち」を2019年7月13日〜9月23日の会期で開催中。
ギルガメシュは、約5000年前に古代都市ウルクを支配した実在の王で、死後数百年経って彼を主人公とした『ギルガメシュ叙事詩』が成立した。何がすごいって、日本なら縄文時代の頃の王様の物語が解読され、現代に伝わっているところだ。

続きを読む

北大キャンパスの遺跡紹介。タピオカが飲める土器も
北海道大学総合博物館
北海道大学総合博物館

北海道大学総合博物館は入館無料。6~10月の金曜は21時まで開館している

観光客の散策スポットとしても人気が高い、北海道大学札幌キャンパス(札幌市北区)は、そのほぼ全域が遺跡として登録されているという。キャンパス内には約5000年前の縄文時代中期以降の遺跡があり、漁労の場やキャンプサイト、集落、墓地などとして利用されてきた。

この地の過去の生活の様子を、出土品や地層などから明らかにする企画展「K39:考古学から見た北大キャンパスの5000年」が、北海道大学総合博物館(同キャンパス内)で開催中だ。 続きを読む

新潟・長岡で博物館スタンプラリー
越後長岡 歴史館・博物館めぐりスタンプラリー
越後長岡 歴史館・博物館めぐりスタンプラリー

新潟県長岡市のミュージアム28館が参加している「越後長岡 歴史館・博物館めぐりスタンプラリー」は、2019年11月30日まで

新潟県立歴史博物館などがある新潟県長岡市では、「越後長岡 歴史館・博物館めぐりスタンプラリー」を実施中(期間:2019年4月1日〜11月30日)。
各施設で配布しているスタンプラリー冊子を利用して、スタンプを集めると、抽選で長岡の特産品などが当たるほか、2館目からは有料施設が割引になる。

続きを読む

水族館の飼育員がトップ当選 = 愛知
蒲郡市竹島水族館
蒲郡市竹島水族館

飼育員がトップ当選した、蒲郡市竹島水族館

2019年7月12日に開票が行われた、「へんないきもの大王タイトルマッチ」(webコミュニティ・いきものAZ主催)で、蒲郡市竹島水族館(愛知県蒲郡市)が擁立していた自館の飼育員がグランプリを獲得した。

この投票は「へんないきものの人気投票」として全国から20の動物園・水族館が参加して行われたもので、 続きを読む

ミイラだヨ!全員集合
museum
museum

後半まいりましょう、後半しゅっぱ〜つ!——というわけで、2019年も後半に入ったが、なぜか今年の後半は「ミイラ」が多い。

岡山市立オリエント美術館(岡山市北区)では、2019年7月13日〜9月16日の会期で特別展「ミイラと神々—エジプトの来世、メソポタミアの現世」を開催する(リンク先PDF)。 続きを読む