新着記事

[今日は何の日]超新星爆発の日
The Crab Nebula: Image Credit: NASA, ESA, J. Hester, A. Loll (ASU)
The Crab Nebula: Image Credit: NASA, ESA, J. Hester, A. Loll (ASU)

1054年のこの日、おうし座での超新星の爆発が観測された。のちに「かに星雲」と呼ばれるものはこの時の残骸が拡散したものだ。
爆発は中国の『続資治通鑑』や『宋会要輯稿』に記録され、金星ほどの明るさで赤白に輝き、昼間も見えたという。藤原定家も後年の1230(寛喜2)年に日本の資料(原典は現存せず)を元に『明月記』に書き留めている。

続きを読む

国立歴史民俗博物館で「ニッポンおみやげ博物誌」、7/10から
国立歴史民俗博物館
国立歴史民俗博物館

展示資料約1300点の「ニッポンおみやげ博物誌」、2018年7月10日より

国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)では、企画展「ニッポンおみやげ博物誌」を2018年7月10日〜9月17日の会期で行う。
江戸時代のおみやげ事情を「参勤交代とモノの往来」から説き起こし、新たな「名所」の選定と創造が行われるようになった明治期以降では、観光地のブランド化とおみやげとの関わりを検証。さらに、ご当地キャラクターなど、現代のおみやげについての諸相を紹介していく。

続きを読む

岩手県立博物館でクモ展
museum

岩手県立博物館(盛岡市上田)では、企画展「魅力的な八本脚の生きもの クモ」を、2018年6月2日〜8月19日の会期で開催中(チラシPDF)。

「クモにまつわる言い伝え」や「クモの文化史」「岩手の魅力的なクモたち」などのコーナーを設け、〈もとは親しい生きものだったクモがいつしか嫌われるようになった謎を解き明かします〉(同展チラシより)という。

続きを読む

昭和の旅のベストセラー、「ブルー・ガイドブックス」が復刻
news

実業之日本社は、1961(昭和36)年に創刊した旅行書「ブルー・ガイドブックス」を電子書籍およびオンデマンド出版で復刻する。
ブルー・ガイドブックスは、「旅と山の新しい総合案内書」のふれこみで創刊され、国内旅行、とくにハイキングや登山のガイドブックとして人気を博した。

続きを読む

唐古・鍵遺跡の博物館、リニューアル
renewal

弥生時代の大規模環濠集落遺跡である唐古・鍵遺跡(奈良県田原本町)の出土品を展示する、唐古・鍵遺跡考古学ミュージアムが、2018年6月1日にリニューアルオープンした。

続きを読む