2020年 の記事アーカイブ

[感想後記]下を向いて歩こう/渋谷区ふれあい植物センター「あなたの傍にそっと苔」展
渋谷区ふれあい植物センター「あなたの傍にそっと苔」
渋谷区ふれあい植物センター「あなたの傍にそっと苔」

都心で見られるコケを取り上げた、渋谷区ふれあい植物センター「あなたの傍にそっと苔」展

都心部で見られるコケにスポットを当てた、企画展「あなたの傍にそっと苔」が、渋谷区ふれあい植物センター(東京都渋谷区)で2020年10月27日〜11月23日の会期で開催された。
都会で見られるコケを実物や写真で紹介し、路傍や木陰にひそやかに広がる世界へ来館者を誘う。

続きを読む

[今日は何の日]家族計画の日
What day is today?

別にそう決まっているわけではないのだが、1465(寛正6)年のこの日、室町幕府8代将軍・足利義政と正室・日野富子との間に、跡継ぎとなる男子・義尚が誕生した。
これがめでたいどころか騒動のタネになったのは、将軍・義政が前年に弟・義視を次の将軍にすることを決めてしまっていたからである。

続きを読む

漫画家・諸星大二郎の企画展、全国5会場で
art
art

北海道立近代美術館(札幌市中央区)では、「デビュー50周年 諸星大二郎展 異界への扉」を、2020年11月21日〜2021年1月17日の会期で開催する。
諸星大二郎(1949-)は長野県出身の漫画家で、古代史をベースにした伝奇作品などで知られる。

続きを読む

[今日は何の日]『甲子夜話』執筆開始
松浦静山
松浦静山

松浦静山肖像。『日本肖像大観・第一巻』(国立国会図書館蔵)より

文政4年(1821)の11月17日の夜、肥前国平戸藩主を隠居した松浦静山(まつら・せいざん 1760-1841)が随筆を書き始めた。

もともと知識欲旺盛な殿様で、歴史や有職故実、博物、民俗などあらゆることに興味関心を持ち、 続きを読む

[今日は何の日]青鬼の行方
青鬼@香川県高松市
青鬼@香川県高松市

高松市屋島で目撃された「青鬼」の石像

『泣いた赤鬼』などで知られる童話作家の浜田広介が1973(昭和48)年の11月17日に没。
『泣いた赤鬼』とは——人間と友達になりたい赤鬼に、青鬼が「ぼくが村で暴れるから、そこへ君がやってきてぼくを殴ればいい」と悪役を買ってでる。青鬼を「退治」した赤鬼は人間と友達になる。青鬼は赤鬼が人間と仲良くなったのを見て、そっと山を去っていく。赤鬼は青鬼の置き手紙を読んで涙する——というお話し。

続きを読む