2019年 の記事アーカイブ

戦国大名の軍需調達にスポットを当てた企画展、埼玉で
news

戦国時代の物流、とりわけ戦争に欠かせない武器や兵糧などの軍需物資についてスポットを当てた企画展「戦国大名は如何にして軍需を調達したか」が、埼玉県立嵐山史跡の博物館(埼玉県嵐山町)で開催中。会期は2019年11月30日〜2020年2月16日。

続きを読む

[今日は何の日]プロパンガスに臭いがつく
What day is today?

1962(昭和37)年のこの日、時の通産省は事故防止のためプロパンガスに人工的に匂いをつけるなどの保安対策を決定した。

続きを読む

[今日は何の日]鑑真来日の日
What day is today?

唐の高僧・鑑真が753(天平勝宝5)年、6度目の航海で薩摩国秋妻屋浦(現・鹿児島県南さつま市坊津町)に到着、ついに日本の地を踏んだ。

続きを読む

薬師寺東塔(1976年)
薬師寺東塔(1976年)
薬師寺東塔(1976年)

第2次国宝シリーズの第1集として、1976(昭和51)年12月9日に発行。東塔は薬師寺(奈良市)に建つ三重塔で、各層に裳階(もこし)と呼ばれる差し掛けの屋根が取り付き、一見六重塔のようにも見えるユニークな外観をしている。2009(平成21)年より解体修理が進められており、その過程で、部材の一部が8世紀前半の伐採と判明したり、基壇の下から地鎮のために用いたと見られる和同開珎が見つかるなどの調査成果が出ている。落慶法要は2020年4月の予定。

[感想後記]18世紀の日記から広がる日常と葛藤/江戸東京博物館「18世紀ソウルの日常—ユマンジュ日記の世界」展
江戸東京博物館「18世紀ソウルの日常」展
江戸東京博物館「18世紀ソウルの日常」展

ソウル歴史博物館で開催され好評を博した企画展が、江戸東京博物館でも開催されている

ひとりの青年がつけていた日記から、その時代の世相や日常生活を浮き彫りにするという珍しい企画展「18世紀ソウルの日常—ユマンジュ日記の世界」が、江戸東京博物館(東京・両国)で、2019年12月1日までの会期で開催されている。
日中韓の首都博物館が提携して展示を行う試みのひとつで、 続きを読む