2018年 の記事アーカイブ

犬吠埼マリンパークが閉館
犬吠埼マリンパーク
犬吠埼マリンパーク

2018年1月31日をもって閉館した犬吠埼マリンパーク

犬吠埼マリンパーク(千葉県銚子市)が、2018年1月31日をもって閉館した。同館は1954(昭和29)年の銚子市水族館を前身とし、1971(昭和46)年に民間運営の犬吠埼マリンパークとしてオープン。景勝地として知られる犬吠埼にあって、ながらく犬吠埼灯台とともに観光スポットになっていた。

続きを読む

札幌オリンピック冬季大会記念(1972年)
札幌オリンピック冬季大会記念(1972年)
札幌オリンピック冬季大会記念(1972年)

1972年2月3日、アジア初の冬季五輪が札幌で開幕した。日本人選手は70m級ジャンプで金銀銅を独占して話題をまいたが、日本のメダルはこの3つだけだった。この大会は、五輪史上初めて、商業主義進出の問題が話題になったことでも知られる。IOCの会長は「このままではオリンピックの規模が拡大し、経費の増大と商業主義の介入を招き『オリンピック精神』が消滅する」と指摘した。なんだか今と同じ委員会の言葉とは思えないが。
その開幕日に記念切手3種が発行された。これは、天地が向かい合わせになったテート・ベッシュと呼ばれるもので、シート単位で見るとじつに落ち着きがない。日本ではこの時初めて採用されたタイプだが、以後は採用されていない。

世界最古級石器でたどる人類の進化、東京大学総合研究博物館で
東京大学総合研究博物館
東京大学総合研究博物館

ホモ属の進化と石器テクノロジーの変遷をたどる特別展示「最古の石器とハンドアックス」展、2018年1月28日まで

人類起源の地であるアフリカ。そこから出土した石器の変遷を追うことは、人類の進化を考える上で、貴重な知見を与えてくれる。
エチオピアで出土した、世界最古級石器などを特別展示した「最古の石器とハンドアックス」展が、東京大学総合研究博物館(東京都文京区)で開催されている。会期は、2017年10月20日〜2018年1月28日。

続きを読む

みうらじゅんの活動や収集癖に迫る企画展、川崎市市民ミュージアムで
川崎市市民ミュージアム
川崎市市民ミュージアム

川崎市市民ミュージアム。会期中、同館の「ゆるキャラ」を募集するコンテストなども行われる

2018年2月1日で還暦を迎える、みうらじゅんの〈生誕60年を記念〉した企画展「MJ’s FES みうらじゅんフェス!」が、川崎市市民ミュージアムで開催される。会期は2018年1月27日〜3月25日。

続きを読む

冬げしき(1980年)
日本の歌シリーズ第3集「冬げしき」
日本の歌シリーズ第3集「冬げしき」

童謡や唱歌をテーマにした日本の歌シリーズの第3集として、1980(昭和55)年1月28日に発行された切手。「冬げしき」は1913(大正2)年に発表された文部省唱歌で、図案は歌詞の1番に歌われている港の朝を描く。
筆者は小学校の音楽の授業で歌った覚えがあるが、唱歌の歌詞というのは小学生にとっては「古語」で、「げに小春日ののどけしや」の「げに」など、普段口にしたこともない言葉なので、合唱しているとどうしても「ゲェーーに」ときたない発声になってしまい、音楽の先生がおかんむりだったことを思い出す(ふざけるのが好きな年頃だからみんなでわざとやっていたところもあるのだが…)。