2018年 の記事アーカイブ

[今日は何の日]食い尽くせ!
二十日正月
二十日正月

1月20日は、昔から「二十日正月」と呼ばれ、正月行事の終わりの日とされている。年棚(正月に際し年神を迎えるために作られた臨時の神棚)など、正月関係のものをみんな処分し、正月気分もこれを限りに終わりにしようというもの。

続きを読む

[今日は何の日]大仏発汗の日
東大寺大仏殿
東大寺大仏殿

1001(長保3)年のこの日午後、奈良東大寺にある大仏の全身から汗のような水がしたたり、金色に輝くという異変が起きた。神祇官、陰陽寮の占いでは戦乱の兆しということであり、果たして、この年の11月に内裏が焼失した。

続きを読む

[今日は何の日]見あげてごらん、夜の月を
「金色夜叉」寛一・お宮@博物館明治村の呉服座
寛一・お宮像@お宮の松(静岡県熱海市)

静岡県熱海市の「お宮の松」に建つ、寛一・お宮像

今日、1月17日は、尾崎紅葉の小説『金色夜叉』で、主人公の寛一が熱海の海岸で、許嫁の自分を裏切り金持ちのところに嫁ぐお宮を詰問して足蹴にした日。

寛一は「1月17日を覚えておけ!来年、再来年、10年経っても忘れはしないぞ。今月今夜の月は僕の涙で必ず曇らせてみせる」とまでいいきった。そのため、「寛一曇り」なる天気言葉までできたとか。

続きを読む

世界最古級石器でたどる人類の進化、東京大学総合研究博物館で
東京大学総合研究博物館
東京大学総合研究博物館

ホモ属の進化と石器テクノロジーの変遷をたどる特別展示「最古の石器とハンドアックス」展、2018年1月28日まで

人類起源の地であるアフリカ。そこから出土した石器の変遷を追うことは、人類の進化を考える上で、貴重な知見を与えてくれる。
エチオピアで出土した、世界最古級石器などを特別展示した「最古の石器とハンドアックス」展が、東京大学総合研究博物館(東京都文京区)で開催されている。会期は、2017年10月20日〜2018年1月28日。

続きを読む

[今日は何の日]今日はクローゼットを開けて…
鏡開き
鏡開き

今日1月11日は「蔵開き」。主に江戸時代に「鏡開き」とともに行われた行事で、商家では11日に初めて「蔵」を開いた。

蔵のない家では、かわりに「物置」を開けたそうである。
武家では甲冑を納めた「櫃」を開く。

続きを読む