2014年 の記事アーカイブ

学問の神様「天神様」にまつわる企画展、渋谷と福井で
天神万華鏡@渋谷区立松濤美術館
天神万華鏡@渋谷区立松濤美術館

 年が明ければ、いよいよ受験のシーズンとなり、各地で学問の神様「天神様」が賑わう時期となった。
 東京大学に近い湯島天神はこの時期、行列ができるほどの参拝客が訪れる。筆者が2014年の正月に行ったところ、参道をはみ出し、大通りにまで延々と連なる長蛇の列であった。本家・太宰府天満宮も推して知るべしであろう。

 学問の神様といえば天神様、天神様といえば菅原道真なわけだが、道真はいつから天神になったのであろうか。
 渋谷区立松濤美術館では、2014年12月9日〜2015年1月25日の期間、特別展「天神万華鏡」を開催。菅原道真が天神様として人々に広まっていく、その変遷を考察する。天神が広まっていく過程で、さまざまな姿をした天神が描かれたことがわかる(チラシPDF)。
 来館者には「学業応援企画」として、特製鉛筆2本セットを配布(なくなり次第終了)。

続きを読む

北海道開拓の村で「冬の生活体験」
北海道開拓の村

 北海道の開拓期を中心とした52棟の建造物を展示している北海道開拓の村(札幌市厚別区)では、2015年1月4日より「冬の生活体験」を行う。
 木製そりや竹スキーでの雪遊び、マントやカクマキなど昔の防寒服をまとっての散策、昔の除雪道具での雪かき体験、人力そりに乗って記念撮影など、明治〜昭和初期の頃の冬の生活を追体験することができる。
 2015年3月22日までの予定で、いずれも入場料金のみで楽しむことができる。

続きを読む

新宿駅東口に中村屋サロン美術館がオープン

 2014年10月29日、新宿中村屋ビル開業にともなって、同ビル3階に中村屋サロン美術館がオープン。
 中村屋の創業者である相馬愛蔵・黒光夫妻は、明治末から昭和初期にかけて多くの芸術家を支援し、「中村屋サロン」と称された。
 中村屋では、新宿中村屋本店の建て替えにともない、中村屋ならではの独創的な商品をご提供することはもちろんですが、創業者が残した芸術・文化の薫りを今に伝えるとともに、新たな発信を行うことも当社の大切な使命であると考え、新宿中村屋ビル3階に「中村屋サロン美術館」を開設することにいたしました(美術館サイト「館長挨拶」より)としている。

続きを読む

京都水族館でとれたてのダイオウイカ標本公開、12/24〜25のみ

 京都水族館では、2014年12月24日、25日の両日に限り、とれたてのダイオウイカの標本を期間限定で展示する。

続きを読む

万博会場で70年代のデザインをふりかえる

 大阪・万博記念公園にあるEXPO’70パビリオンでは、2015年1月12日まで、特別展「時代が求めた!1970デザイン展 〜アイビーからスペースエイジまで〜」を開催している。
 大阪万博開催前後のデザインに焦点を当て、大阪万博のユニフォームやトヨペットコロナ、パナカラー(カラーテレビ)、ウルトラソニック・バス(人間洗たく機)などの実物展示を盛り込んで紹介。

 当時のデザインを現在の眼で眺めてみるのもよし、当時の人々が思い描いた未来と今ここにある21世紀とを対比してみるのもおもしろい。例えば、リニアモーターカーやエアカーなどの移動手段、あるいはテレビ電話のような通信手段の進歩は想定していても、クラウドのような情報概念は希薄だったことなどが伺えよう。

続きを読む