2013年 の記事アーカイブ

大水槽になまはげ登場

 男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)で、大水槽になまはげが出現し潜水給餌を行うという、特別イベントが開催中だ。
 2013年12月29日〜2014年1月3日の期間、14時より出現する。

 水族館のスタッフが大水槽で一番気を使うのは、エサが全部の個体にまんべんなく行き渡るかということらしいから、きっと、「悪い魚はいねがー、よそのエサを横取りする魚はいねがー」と叫んでるに違いない。

続きを読む

[今日は何の日]プロパンガスに臭いがつく

1962(昭和37)年のこの日、時の通産省は事故防止のためプロパンガスに人工的に匂いをつけるなどの保安対策を決定した。

続きを読む

[今日は何の日]老人惨殺の日
本所松坂町公園(吉良邸跡)
本所松坂町公園(吉良邸跡)

1702(元禄15)年のこの日、刀や槍などを持った40数名の武装集団が突然、本所松坂町の一邸宅に乱入し、老人1人を含む16人を殺害したうえ、老人の遺体の一部を損壊して持ち去った。

これを記念して、東京都港区泉岳寺、兵庫県赤穂市などで法要やイベント、パレードなどが行われる。
写真は事件現場。

B級ご当地水族館「BQ-1グランプリ」、竹島水族館で開催

※竹島水族館は、2013年12月2日、「第1回B級ご当地水族館の祭典! BQ-1グランプリ」の投票結果を発表した(同館ブログ)。優勝は、東海大学海洋科学博物館。副賞は「金のポンプ」だという。

 2013年11月2日〜12月2日の期間、竹島水族館(愛知県蒲郡市)で、「B級ご当地水族館の祭典」と銘打った「BQ-1グランプリ」が開催されている。
 A級的な、都会の大型水族館ではなく、それぞれのご当地で、その地域や人と密着した展示や地域貢献を含めた活動を行っている、よい意味でローカル(B級的)でバリバリがんばっている水族館」(同館サイトより)を紹介するもので、市立室蘭水族館、すさみ海立エビとカニの水族館など8施設が参加。
 サメガレイ、セミエビ、カクレクマノミ、ミノカサゴなど、各館の一家言が詰まった生物が展示されている。

続きを読む

2013年12月

 昭和16年12月1日の御前会議で、軍部から「日米開戦に備えて偽装外交をやれ」と言われた外相が「開戦日はいつだ?」と聞いたら、「それは教えられない」と言われ面食らったというエピソードがあるが(保阪正康著『昭和時代』)、チェック機能を欠いた機密指定とはそういうものなのだろう。
 結局、国民はもちろんのこと、政府内ですら情報共有や現状の把握ができず、最後は天皇でさえ上奏されてくる情報を信用せず、ラジオを持ち込んで、海外の短波放送を聴いていた。
 結果、日米開戦は日本にとって悲劇的な結末をもたらしたわけだが、このことから何を学ぶべきかという問いかけは、時代を超えて常に必要なのだと思わされる、昨今の政治状況である。 (盛)