2008年 の記事アーカイブ

人形がさりげなく語る開拓史[北海道開拓の村]
北海道開拓の村
北海道開拓の村

 北海道は広い!札幌のすぐ近くにこんな広大な敷地を確保できるのだから。
 54haの敷地には、市街地群、農村群、漁村群、山村群に分かれ、40棟を越す建造物が点在している。明治〜大正頃の北海道開拓期を中心とした民家や官公庁が主で、しかもひとつひとつの見せ方が凝っている。

続きを読む

「ミュージアムめぐりナイト」レポート
p001

2008年11月22日に、東京カルチャーカルチャーで博物月報初のトークイベント、「ミュージアムめぐりナイト」が行われました。

右から博物月報主宰の盛田、東京カルチャーカルチャー司会のテリー植田さん、建築家で博物月報レポーターの津村。このほか、数名の博物月報レポーターも登壇し、3部構成で行われました。
  【第1部】おすすめミュージアム
  【第2部】ハクブツ的物件とミュージアム
  【第3部】あやしい公共建築
  アンケートコーナーとエンディング
続きを読む

水とのふれあいスポット(但し下水)[ふれあい下水道館]
sewerage01

だんだんと秋も深まってまいりまして、寂寥の感ますます強まる季節ではありますが、昨今、アニマルテラピーなどの「癒し」がブームになっているように、人はいつでもふれあいを求めているものであります。まして東京砂漠においておや。

そこで今回はふれあいを楽しめる施設をご紹介!

ただし下水。

続きを読む

『ミュージアムめぐりナイト』11月22日(土)開催
event

★2008年11月22日(土)、ニフティ株式会社が運営するイベントハウス「東京カルチャーカルチャー」(東京・お台場)で、博物月報初のトークイベント『ミュージアムめぐりナイト』を開催します。

続きを読む

草津温泉に超常現象を見た![草津温泉]
kusatu01

 トレビの泉の例からもわかるように、人間というのは泉があるとコインを投げ込みたくなるものらしい。だが、ここ草津温泉の中心街「湯畑」では、投げ込まれたコインは殆ど皆無だという。湯がこんこんとわき出て滝となって流れ落ち、池をなすという、いかにも日本人好みのコイン投げしたくなるようなスポットであるにもかかわらず、だ。それはなぜか?

 別に草津に来る観光客がケチだというわけではない。そう、ここ草津は、投げ込まれたコインが消えてなくなるという超常現象が起きる日本でも数少ないミステリー・スポットなのである!
続きを読む