2007年 の記事アーカイブ

日本三大がっかりスポットの雄[はりまや橋]
harimaya01

 三大がっかりスポットというのがある。札幌の「時計台」と高知の「はりまや橋」と、あとひとつどこだっけ?
 ともかく、その「はりまや橋」である。江戸時代からヨサコイ節にも唄われ、高知一番の繁華街だったという名所であるが、実際には、長さ20mほどのコンクリート製の橋の欄干(下の写真)があるだけで、川も埋め立てられていて、行った人は皆がっかり……

続きを読む

木造校舎でノスタルジー気分[府中市郷土の森博物館]
府中市郷土の森博物館
府中市郷土の森博物館

 冬が掻き入れ時という珍しい(?)民家園が東京都府中市にある。
古民家や旧役場庁舎などの復元建築物のほかに、博物館やプラネタリウムが立ち並ぶ「府中市郷土の森博物館」がそれだ。
 もっとも、賑わう一番大きな理由は敷地内に併設されている梅園のためで、2月中旬のシーズンには60種1100本の梅の木が、白、赤、桃、緑混じりの白といった様々な花をつけ、寒々した緑地の中でここだけカラフルになる。

続きを読む

ニシンは獲れているか?[小樽市鰊御殿]
mu_nishin01
鰊御殿

 客が我も我もとニシンをパクつくおたる水族館からほど近く。水族館を見下ろすような丘陵の上にもニシン・スポットがある。
 北海道指定有形文化財にもなっている鰊御殿だ。
 1897(明治30)年に建てられたニシン漁の網元の家で、御殿と呼ばれるのは、成金趣味を指しているのではない。ニシン漁に携わる漁夫を寝泊まりさせるための、建坪185坪もの巨大な家なのである。
 全盛期にはおよそ120人もの漁夫が寝泊まりしていたそうで、がらんとした大広間はまさに御殿の名にふさわしい。

続きを読む

飛ぶように売れるニシン!勝手に増えるトド!
[おたる水族館]
おたる水族館(北海道小樽市)
おたる水族館

愛知万博の跡地は公園になり、トトロの家も再オープンしたそうだが、このおたる水族館は1958(昭和33)年に札幌と小樽を会場にして開かれた北海道博覧会のパビリオンがその起源になっている。

博覧会後、その跡地に水族館として開館し、翌年施設を移転、さらに1974(昭和49)年に新築オープンしたから、当時の博覧会をしのぶものは何もないが、北海道の動物園・水族館のなかでは古株にあたる。

続きを読む

ダイエットで“話題”になった食品の故郷[水戸天狗納豆 笹沼五郎商店納豆展示館]
e7b48de8b186e5b195e7a4bae9a4a81

 2007年1月8日、全国のスーパーなどで納豆が品薄になるという騒ぎが起きた。騒動の元は、前日の民放テレビ番組で「納豆にダイエット効果がある」と報道されたためで、筆者の近所にあるスーパーの納豆棚は放送後からカラの状態が続いた。

続きを読む