2003年 の記事アーカイブ

日本初の野外博物館の現在[日本民家集落博物館]
mu_minkasyuraku1

飛騨白川の合掌造りにはじまり、南部の曲り家、椎葉村の民家、奄美大島の高倉、大阪堂島の米倉、堺で使われていた風車など11棟の民家が、大阪の服部緑地に集まっている。

集まっていると書いたのは、文字通り敷地にぽんぽんと置いたように建っているからで、岩手の南部曲り家の次に香川県小豆島の農村歌舞伎舞台、さらに越前敦賀の民家という具合に、地域もへったくれもなく代表的民家が登場してくるのである。

続きを読む

オープニングにひとくせあり[アクアマリンふくしま]
アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま

 2000(平成12)年開館の「アクアマリンふくしま(ふくしま海洋科学館)」は、大型水族館の中では新しい方の部類になる。
 普通、この手の新しい水族館は、最初に観客を「わーっ」と言わせて盛り上げようと、カツオやマグロなどが泳ぐ大水槽を配することが多い。だが、そのあとが続かない。そうそう大物ばかり飼うわけにもいかず、小物の水槽が続くので、ルートの後半に行くに従って、観客が小さい水槽をのぞき続けることに疲れ、飽きてきている様子がよくわかる。最初に討ち入りを見て、そのあとビデオを巻き戻して頭から『忠臣蔵』を見るようなものである。

続きを読む

のっけから高飛車な態度で応対!?[江東区中川船番所資料館]
mu_nakagawa1

 「これこれ、そなたたち、何用であるか」展示室に入るなり、のっけから高飛車な態度で応対される。それもそのはずで、江戸幕府は旗本が家臣『番頭(ばんがしら)』という役職の人物なのだから、「いらっしゃいませ、ようこそ船番所へ!」とか「はい、よろこんで!」という接客を期待する方が無理というものだ。

 『船番所』とは河川の船の通行を取り締まった、いわば川の関所で、ここ中川船番所資料館は、かつての船番所(中川番所)が置かれた場所に建てられている。展示室内には、当時の番所の一角が再現展示され、入っていくとセンサーで『番頭』から誰何されるようなテープが流れる案配。

続きを読む

酒田の町で即身仏に会う[海向寺]
海向寺
海向寺

 「南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛ー」
 案内をしてくれたお寺の方の読経が響く。チーンとひときわ大きく鐘を鳴らして合掌。その先には2体の即身仏が、別々のガラスケースに収まって鎮座している。
 この日は、夜行バスで酒田に着いた同行者と合流したため、朝の動きが早い。朝食を済ませて午前9時前にはお寺の境内に到着した。開門を待って、朝一番で即身仏である。
 すがすがしいと同時に、実に厳かな気分になるではないか。 やや肌寒い秋の風が、お香の匂いとまじりあう。

続きを読む

哀愁漂う日光の弟分[上野東照宮]
上野東照宮
上野東照宮

 東照宮とは、いうまでもなく、徳川家康をまつった神社。日光のそれが有名だが、全盛期には全国500社を誇ったという。
 上野公園にある東照宮は1651(慶安4)年の建築で、1636(寛永13)年に建てられた日光の弟分である。
 徳川幕府の本拠があった江戸・寛永寺の敷地内にある。将軍様のお膝元、店に例えれば、幕府の直営店舗あるいは旗艦店とでもいうべき存在だろうか。

続きを読む