道路・遊歩道カテゴリーの記事

ミニ火山と池のなかの海[笠山・明神池]
笠山(山頂からの眺め)
笠山(山頂からの眺め)

 萩は歴史の町として有名だが、自然史的にも興味深いエリアである。
 萩市から山口市にかけては阿武火山群と呼ばれる50あまりもの火山が分布している。萩沖には見島、大島、羽島などの島々が浮かんでいるが、これらがすべて火山なのである。
 なかでも一番若い火山が、萩郊外の海岸に陸続きになってこんもりと盛り上がっている笠山(標高112m)だ。約1万年前に噴火し、「日本一小さい火山」として観光ガイドに紹介されることもある。火山の定義は各種あるので科学的な言い方ではないが、眺めてみると確かに小さい。

続きを読む

東海道屈指の富士山ビュースポット[薩埵峠(さった峠)]
薩埵峠(さった峠)
薩埵峠(さった峠)

 旧東海道をちょっとだけ歩いて、いいとこ取りしようと思ったら、箱根旧街道などがあげられるだろうか。
 だが、ここも見逃すわけにはいかない。由比宿と興津宿の間に位置する高さ90mの薩埵峠だ。歌川(安藤)広重の「東海道五十三次・由比宿」にも描かれた富士山ビュースポットである。

 東海道本線を由比駅で降り、駅前の道を西へ向かう。道の先の方に小高い山が見えてきた。150mほど進むと車道をまたぐ小さな歩道橋がある。これを渡って、山側に併走する細い道へ入ろう。

続きを読む

掘割をめぐらせた「水の都」[柳川]
柳川
柳川

 「水の都」と言えばヴェネチアの枕詞のようになっているが、筑後川の河口にある街・柳川(福岡県柳川市)も見事な「水の都」と言えるだろう。
 街には縦横に掘割がめぐっている。これらは大雨の時にも氾濫することなく、各水路が水をプールして、じわじわと有明海に排水していく。先人の知恵の見事なところだ。約10km四方の柳川市には総延長にしてなんと930kmもの水路があるという。

続きを読む

渓谷遊歩道開発秘話[鳴子峡]
naruko_s4

鳴子峡 観光客でにぎわう宮城県の鳴子峡。だが、この渓谷には男たちの壮大なドラマがあった! 友情に支えられ、秘境に挑んだ男たち! 断崖絶壁に遊歩道を造れ!
 ♪かぜのなかぁのすぅばる〜〜砂のなかのぎんがぁ〜〜

続きを読む

スゴいV字を体感[谷瀬の吊り橋]
奈良県十津川村
奈良県十津川村

 日本最大の村というのがある。「そりゃあ、どっかにはあるに決まっているだろう」と思うかもしれないが、それが北海道の辺ならいざ知らず、奈良県にあるのである。

 奈良県十津川村——奈良県の最南端に位置し、日本最大の面積を誇る村である。しかも、一村だけで奈良県全体の5分の1という広大さながら、その96%を山林が占めている。

続きを読む