鉄道カテゴリーの記事

東急線武蔵小杉駅で改札外に立ち寄りOKのキャンペーン
武蔵小杉 駅ソト立ち寄りキャンペーン
武蔵小杉 駅ソト立ち寄りキャンペーン

90分以内なら、改札外へ下車できる「武蔵小杉 駅ソト立ち寄りキャンペーン」。2018年10月31日まで

東急電鉄では、東急線武蔵小杉駅で運賃精算なしに改札外へ出ることができる「武蔵小杉 駅ソト立ち寄りキャンペーン」を、2018年8月1日〜10月31日の期間で開催中。改札外へ出られる時間は90分以内。

PASMO・Suica・モバイルSuicaのICカード乗車券で、東急線を利用し武蔵小杉駅を経由する場合、東急スクエア連絡口の有人改札口にある専用端末にタッチすることで、90分以内の下車が可能になる。

続きを読む

モノレールと同居した水族館[姫路市立水族館]
姫路市立水族館/手柄山交流ステーション「モノレール展示室」
姫路市立水族館(旧館)

昔々から、ある所に水族館がありました。瀬戸内海や播州平野の魚、水生昆虫、カメなどを展示し、お値段もリーズナブルで、地元の人たちからそれはそれは大切にされておりました。

そんな水族館も年をとってしまいました。施設老朽化と耐震性の面から、2008(平成20)年秋から長期休館となってしまったのです。
「現施設を解体し、そこに新水族館を建設しよう」
町の人たちはそう話し合いました。

black

その時です、リーマン・ショックが起こったのは。あたり一面まっくらやみです。とても建設費の見通しが立ちません。
続きを読む

千葉・小湊鉄道にトロッコ列車、今秋予定
小湊鉄道
小湊鉄道

小湊鉄道は五井〜上総中野間39.1kmを結ぶ。沿線に、紅葉やハイキングの適地として知られる養老渓谷がある

千葉県の五井〜上総中野間を結ぶ小湊鉄道は、2015年秋から「里山トロッコ列車」を運行する。

窓ガラスなどを取り外したオープンタイプの客車など4両を用意し、牽引する機関車はC型コッペル蒸気機関車の内燃機関をクリーンディーゼルにしたものを使用。9月以降、試運転を行う。

続きを読む

人吉鉄道ミュージアムがオープン
肥薩線・SL人吉号
肥薩線・SL人吉号

肥薩線・SL人吉号

肥薩線の魅力紹介などを目的とした「人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868」が、2015年5月30日、JR人吉駅前に開館した。

MOZOCA(もぞか)は現地の方言で「小さい」「かわいい」という意味。

肥薩線は八代駅(熊本県八代市)から隼人駅(鹿児島県霧島市)に至るJR線で、1909年に全通。当時はこのルートが鹿児島本線と名付けられた。

続きを読む

目の前に広がる瀬戸内海[JR予讃線下灘駅]
予讃線下灘駅
予讃線下灘駅

 高松から松山を経て宇和島へと至る予讃線は、燧灘、斎灘、伊予灘、豊後水道と名を変えていく海を車窓から楽しむことができる。
 なかでも海を間近に眺められると評判なのが、下灘駅だ。JR信越本線の青海川駅同様、観光ポスターに取り上げられることも多い「海近」の駅だ。
 ホームに降り立つと、海がほとんど視野角180度で広がっている。ホームのベンチに座っていると、列車を待っているのか、海を眺めているのか、わからなくなってきそうだ。

続きを読む