博物館カテゴリーの記事

「絵に描いたもち」大募集! 釧路市立博物館で
鏡開き
鏡開き

(イメージ)

もうすぐ年の瀬になるが、今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、講座や体験などのイベント実施を見送ったミュージアムも多かった。
釧路市立博物館(北海道釧路市)でも、例年行っている体験講座「おそなえもちをつくろう」の開催を、今年は見送ることになったという。そのかわりに登場したのが、 続きを読む

[感想後記]先住民による文化の継承と現代の姿/国立民族学博物館特別展「先住民の宝」
国立民族学博物館
国立民族学博物館特別展「先住民の宝」

国立民族学博物館特別展「先住民の宝」は2020年12月15日まで。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、当初予定より遅れて開催された

国立民族学博物館(大阪・万博記念公園)では、特別展「先住民の宝」を2020年10月1日〜12月15日の会期で開催中。
現在、世界には70カ国以上の国々に約3億7000万人の先住民が暮らしており、その民族の数は5000以上とも言われている。同展は、先住民にとっての心の拠り所、民族の誇りを「宝」としてとらえ、約740点の展示品によって、先住民の世界を紹介するものだ。

続きを読む

千葉の縄文時代を掘り下げる、「ちばの縄文」展
千葉県立中央博物館
千葉県立中央博物館

千葉県立中央博物館(写真は常設展示)

日本最大級の加曽利貝塚(特別史跡)など、全国屈指の貝塚密集地帯である千葉県の縄文時代を掘り下げる、企画展「ちばの縄文—貝塚からさぐる縄文人のくらし」が、千葉県立中央博物館(千葉市中央区)で開催中。会期は2020年10月10日〜12月13日。

続きを読む

「習志野隕石」の実物を初公開、東京と千葉で
千葉県立中央博物館
千葉県立中央博物館

千葉県立中央博物館

2020年7月2日、雷鳴のような大音響とともに関東地方に落下した「習志野隕石」が、11月10日から国立科学博物館(東京・上野公園)と千葉県立中央博物館(千葉市中央区)で公開される。

隕石は千葉県習志野市と船橋市で見つかり、前者が習志野隕石1号、後者が習志野隕石2号とされた。両館の会場では、それぞれの破片を展示するので、どちらを訪れても1号と2号の両方を見ることができる。

続きを読む

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)がやってくる
新宿区立新宿歴史博物館
新宿区立新宿歴史博物館

新宿区立新宿歴史博物館は、JR四ツ谷駅より徒歩10分

「耳なし芳一」の草稿や、愛用の衣類、トランク、家計簿、虫眼鏡、八雲の書いた唯一の料理本など、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850-1904)の史資料が、松江から大挙して東京にやってくる(一部レプリカ含む)。 続きを読む