名所旧跡カテゴリーの記事

花の飛鳥山[飛鳥山公園]
飛鳥山公園・旧渋沢庭園
飛鳥山公園・旧渋沢庭園

 東京・王子にある「飛鳥山公園」(東京都北区)。海抜27mの丘陵をなし、北区で一番高い土地だというから、飛鳥山は北区の「最高峰」ということになる。そのせいか乾いた風が吹き抜けていく。
 着いた時はだいぶ陽が傾いていた。西陽射すなか、「旧渋沢庭園」を散策。公園の一角にあり、渋沢栄一の本邸跡でもある。
 芝生広場の奥に見えるのが1925(大正14)年築の「青淵文庫(せいえんぶんこ)」。

続きを読む

寺町から繁華街へ、池袋の時代をたどる[雑司が谷七福神]
雑司ヶ谷鬼子母神・大黒天
雑司ヶ谷鬼子母神・大黒天

 2011(平成23)年正月、雑司が谷(ぞうしがや・東京都豊島区)に新たに「雑司が谷七福神」がデビューした。豊島区初となるこの七福神、鬼子母神の大黒天、清立院の毘沙門天など3体は従来から地元に伝わるもので、残りの4体はこの日のために擁立したものだ。
 七福神は雑司ヶ谷鬼子母神を中核として、南北にちょうど3神ずつ弓なりに分布している。北端は池袋、南端は護国寺に位置する。

続きを読む

超一等地の憂鬱[日本橋七福神]
日本橋七福神・小網神社
日本橋七福神・小網神社

 江戸の中心的ランドマークであった「日本橋」を冠するこの七福神、水天宮を中心として人形町の界隈に一派を形成している。
 一帯は現在でも東京のど真ん中。だが、ところどころに雰囲気の良さそうな路地があり、小さな祠がお飾りなどでコーティングされているのを発見することができる。平日は単に「ビル街」として括られてしまう都心が、お正月に見せる風情ある光景を楽しむのにはうってつけだ。

続きを読む

好対照な9福が待ち受ける[浅草名所七福神]
浅草名所七福神/石浜神社
浅草名所七福神/石浜神社

 「浅草名所(などころ)七福神」は、浅草寺を中心とする一群だけあって、神社仏閣としてもかなりキャラが立っている。その分、仕分けができなかったのか、七福神といいながら九福もひしめいている。浅草寺を含めて、O字型に点在しているので、どこからでも巡りやすいのが特徴だ。
 まずは銀座線の田原町から「矢先稲荷神社」へ向かう。鳥居に掛かっている額が陶器製だ。合羽橋商店街あたりからの奉納だろうか。

続きを読む

天然記念物に囲まれた貝の聖地[青島]
青島神社
青島神社

 宮崎、なかんずく日南海岸といえばフェニックス(カナリーヤシ)。だが、これは宮崎交通の初代社長・岩切章太郎(1894〜1985)が南国イメージを醸し出すために一所懸命植えたものだ。
 では、この南国イメージはまったくの創作なのかというとそうでもない。
 宮崎市街から南へ20km、日南海岸国定公園北端の青島には約4000本のビロウや27種の亜熱帯植物が繁茂しており、海辺の強い陽射しも相まって、まごうかたなき南国の雰囲気だ。

続きを読む