名所旧跡カテゴリーの記事

天然記念物に囲まれた貝の聖地[青島]
青島神社
青島神社

 宮崎、なかんずく日南海岸といえばフェニックス(カナリーヤシ)。だが、これは宮崎交通の初代社長・岩切章太郎(1894〜1985)が南国イメージを醸し出すために一所懸命植えたものだ。
 では、この南国イメージはまったくの創作なのかというとそうでもない。
 宮崎市街から南へ20km、日南海岸国定公園北端の青島には約4000本のビロウや27種の亜熱帯植物が繁茂しており、海辺の強い陽射しも相まって、まごうかたなき南国の雰囲気だ。

続きを読む

江戸時代の「村」そのものが残る[大内宿]
大内宿
大内宿

 かつてコモドオオトカゲが発見された時に、学者たちは「恐竜が生きていた!」と叫んだと言うが、もし現在日本の歴史学者たちがなんの予備知識もなく、ここに連れてこられたら、「江戸時代が生きていた!」と叫ぶかもしれない。
 会津西街道の大内宿(おおうちじゅく)はそれほど、古い町並みをよく残しているスポットである。

 池袋から鬼怒川温泉行きの特急に乗り、野岩鉄道・会津鉄道を経由して4時間後に、湯野上温泉駅に着いた。途中30分の列車待ちがあったので、正味は3時間半。大内宿は駅から約6km、タクシーで10分ほどである。タクシーはよく整備された山道を駆け上がり、やがて周りを山々に囲まれた平らな土地に到着した。

続きを読む

掘割をめぐらせた「水の都」[柳川]
柳川
柳川

 「水の都」と言えばヴェネチアの枕詞のようになっているが、筑後川の河口にある街・柳川(福岡県柳川市)も見事な「水の都」と言えるだろう。
 街には縦横に掘割がめぐっている。これらは大雨の時にも氾濫することなく、各水路が水をプールして、じわじわと有明海に排水していく。先人の知恵の見事なところだ。約10km四方の柳川市には総延長にしてなんと930kmもの水路があるという。

続きを読む

鯖にまつわる不思議なエピソード[鯖大師本坊]
鯖大師
鯖大師

 3年間、鯖を食べないで祈願すると願いが叶う——徳島県海陽町の鯖大師本坊には「鯖断ち」という珍しい願掛けがある。
 ホーム1本だけのJR牟岐線鯖瀬駅に降り立つと、線路の向こうにお堂が見えた。反対側には海が見える。あのお堂に違いないと思って、見当を付けて歩き出すとものの3分ほどで到着した。
 鯖大師本坊、正式には八坂寺といい、四国八十八か所霊場の番外札所となっている。

続きを読む

広大なスケールで仕掛けられたトラップ[秋吉台]
秋吉台
秋吉台

 カルストとはもともとスロベニアの地名だったという。それが地理用語になり、石灰岩地特有の溶蝕地形をさすようになった。
 ここ、秋吉台は日本最大のカルスト台地である。
 展望台から眺めると、草原に白い石灰岩柱が林立し、羊の群れのようにも見える。
 この景観は、毎年春に野焼きを行うという、人工的な努力によって維持されている。駐車場のちょっと脇に入ると、石灰岩柱の上に草木が生い茂っている光景が目に入る。野焼きを行わないとこんなふうになってしまうのだろう。

続きを読む