自然地形カテゴリーの記事

トンネルの落差がもたらしたインスタ映え[濃溝の滝]
濃溝の滝
濃溝の滝

小櫃川の支流・笹川にあるトンネル。SNSで拡散されて一躍人気スポットになった。時期によって右奥から射し込んだ陽が、水面に反射してハート形になる

房総半島の山間部に、インスタ映えすると話題のスポットがある。千葉県君津市の濃溝の滝だ。
洞窟のシルエットがハート形になるといわれ、その幻想的な光景がSNSで拡散されて一躍人気になった。もっとも、あれは光がほどよい角度で射し込む春と秋の数日間だけで、それも早朝に限られるとのことだ。
そんなわけで、普段は昔のあさひ銀行のロゴみたいな光景をしている。

続きを読む

琵琶湖疎水に観光船が復活
琵琶湖疎水
琵琶湖疎水

蹴上側から見た琵琶湖疎水(1994年撮影)。右の建物は旧御所水道ポンプ室。奥が第3トンネル

明治時代に京都へ琵琶湖の水を引くために建設された「琵琶湖疎水」に、2018年春から観光船「びわ湖疎水船」が就航した。ルートは大津から山科を経て蹴上(京都市左京区)まで。運航日は2018年3〜5月と10〜11月。土日曜や休日などを中心とした運航スケジュールとなっている。

続きを読む

恐竜化石産出地で発掘体験![野外恐竜博物館]
野外恐竜博物館(福井県立恐竜博物館)
JR福井駅前

恐竜王国の自信のほどがうかがえる、JR福井駅前

久々に降り立った福井駅はすっかり恐竜王国にかわっていた。駅前の動く恐竜モニュメント越しに駅舎を撮ると、外観が自然史博物館にしか見えない。
そんな恐竜王国・福井が2014年7月から野外恐竜博物館なる施設をオープンさせた。

野外恐竜博物館(福井県立恐竜博物館)

福井県立恐竜博物館が行う予約制の化石の発掘現場の見学&発掘体験ツアー。フクイサウルスやフクイラプトルなどの恐竜化石が発見されている手取層群北谷層を訪ねる

ネーミングだけ聞くと、野外に恐竜の像でもが立っていそうだが、 続きを読む

アクアマリンふくしま、「わくわく里山・縄文の里」オープン
アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしまに新たな屋外展示施設が登場

アクアマリンふくしま(福島県いわき市)は、2015年7月20日に、屋外展示施設「わくわく里山・縄文の里」をオープンさせる。

日本人がすでに縄文時代から実践していた自然との共生に思いをはせながら、海山川の循環のあり方や自然環境の保全、自然の持続的な利用、多種多様な生物が織りなす命の営みについて考える機会を提供する(同館サイトより)というコンセプトで、敷地内には在来植物を植えて、縄文時代をイメージした森を育てるほか、カワウソ棟なども新設する。

続きを読む

瀬戸内海にたたずむ、奈良時代以来の「海の駅」[室津(室津海駅館・室津民俗館)]
室津
室津

 瀬戸内海に沿って兵庫県の海岸線を西へ向かう。加古川市から姫路市にかけての播磨臨海工業地域を過ぎると、急に、自然に満たされた海岸線が広がっていく。
 室津はそのような所に位置する港町だ。
 緑濃い半島によって三方を山に囲まれ、抱き込まれるように奥まで入り込んだ入江は、いかにも天然の良港という感じで、カレイ、シャコ、イカナゴなどを水揚げする小型の船舶が出入りしている。港の脇の突き出した岬の上には賀茂神社が建つ。

続きを読む