美術館カテゴリーの記事

江戸時代から鏑木清方デザインの浴衣まで、泉屋博古館分館で特別展
art

泉屋博古館分館(東京・六本木)では、2019年5月28日〜7月7日の会期で、特別展「ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし」を開催中。

江戸時代に入浴後のくつろぎ着として広まり、やがて夏の気軽な外出着として定着した「ゆかた」の魅力をひもとく。 続きを読む

浮世絵から地形を楽しむ「江戸の凸凹」展
art

太田記念美術館(東京・原宿)では、江戸と東京の地形を浮世絵で楽しむ「江戸の凸凹——高低差を歩く」展を開催中。会期は2019年6月1~26日。

江戸時代の浮世絵師は風景画を描く際に、しばしば地形の高低差を意識した構図を用いたという。 続きを読む

町田市立博物館、最後の企画展はじまる
町田市立博物館
町田市立博物館

2019年6月16日で展示事業を終了する、町田市立博物館

2019年6月16日で展示事業を終了する町田市立博物館(東京都町田市)で、最後の企画展となる「町田市立博物館最終展—工芸美術の名品」が開幕した(チラシPDF)。会期は、2019年4月20日〜6月16日。同館の所蔵品、とりわけ、ガラスと陶磁器にスポットをあて、古今東西の作品を展示する。

続きを読む

東京都庭園美術館でキスリング展、開幕
東京都庭園美術館
東京都庭園美術館

アール・デコ様式の東京都庭園美術館本館(旧朝香宮邸・1933年竣工)

東京都庭園美術館(東京都港区)で、2019年4月20日より展覧会「キスリング展—エコール・ド・パリの夢」が開幕した。独自の作風を確立し、エコール・ド・パリの重要な芸術家と位置づけられるキスリング(1891-1953)の作品約60点を展示する。7月7日まで。

続きを読む

改修終えた東京都庭園美術館が総合開館
東京都庭園美術館
東京都庭園美術館

夕闇迫る東京都庭園美術館と桜(2018年3月28日撮影)

2014(平成26)年以来、本館や庭園などの改修・耐震補強を手掛けてきた東京都庭園美術館(東京都港区)は、2018年3月21日、西洋庭園の整備とレストラン棟の改築が完了。これをもって総合開館とし、同日より「特別公開 旧朝香宮邸物語」「フランス絵本の世界」の二つの企画展を同時開催する。会期はともに6月12日まで。

折しも園内は桜の時期にあたり、2018年3月30日、31日、4月6日、7日は夜20時まで開館する(入館は30分前まで)。今年の東京都内での桜の開花状況を見ると、この週末ならまだ夜桜が楽しめそうだ。

続きを読む