博物的スポットカテゴリーの記事

東京都庭園美術館でキスリング展、開幕
東京都庭園美術館
東京都庭園美術館

アール・デコ様式の東京都庭園美術館本館(旧朝香宮邸・1933年竣工)

東京都庭園美術館(東京都港区)で、2019年4月20日より展覧会「キスリング展—エコール・ド・パリの夢」が開幕した。独自の作風を確立し、エコール・ド・パリの重要な芸術家と位置づけられるキスリング(1891-1953)の作品約60点を展示する。7月7日まで。

続きを読む

西南学院大学博物館で「ねこ学への招待」開催中
museum

西南学院大学博物館(福岡市早良区)では、特別展「ねこ学への招待」を開催中。会期は2019年4月1日〜6月29日、入館無料。福岡県の相島で30年以上にわたって行われているノラネコを対象とした生態学の研究成果や、熊本県の湯島に生息するネコを紹介した展示がある。

続きを読む

「古墳時代のおにぎり」を公開展示、横浜市歴史博物館で
古墳時代のおにぎりの展示(横浜市歴史博物館)
古墳時代のおにぎりの展示(横浜市歴史博物館)

横浜市歴史博物館で展示されている「古墳時代のおにぎり」。左は復元模型

横浜市歴史博物館(横浜市都筑区)では、現在開催中の企画展「君も今日から考古学者!横浜発掘物語2019」において、「古墳時代のおにぎり」の実物を展示している。会期は2019年4月6日~6月2日。
同展は、考古学を小学生などにも理解しやすいように解説した企画展で、横浜市域からの出土資料を中心に構成されている。「古墳時代のおにぎり」は横浜市都筑区の古墳時代後期の遺跡から出土したもので、同館が監修した『おにぎりの文化史 おにぎりはじめて物語』の刊行記念として、特設コーナーで展示された。

続きを読む

井の頭自然文化園で「春のリスまつり」開催中
井の頭自然文化園・リスの小径
井の頭自然文化園・リスの小径

「リスの小径」オープン30周年を記念した「春のリスまつり」。2019年5月6日まで

井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)では、「リスの小径」オープン30周年を記念して、「文化園——春のリスまつり」(期間:2019年3月1日〜5月6日)を開催中。
リスのなかまのニホンモモンガの展示や、ポストカードがもらえるスタンプラリーなどの企画が行われる。また、人間が入れる巨大なリスの巣箱も設置され、記念撮影をすることもできる。

続きを読む

『おにぎりの文化史』、横浜市歴史博物館監修で発売
『おにぎりの文化史』
『おにぎりの文化史』

横浜市歴史博物館で好評を博した「大おにぎり展」(2014年)を、その後の知見も盛り込んで、増補書籍化!

日本を代表する食である「おにぎり」。だがその歴史は意外にも明らかになっていない。横浜市歴史博物館は、2014年秋に、横浜市内から出土した「古墳時代のおにぎり」を手がかりに、おにぎりや穀物の歴史を解き明かす企画展「大おにぎり展—出土資料からみた穀物の歴史—」を開催した。

タイトルこそポップだが、これは炭化したコメの塊などの炭化穀物を中心に取り上げた初めての博物館展示だったという。この展示内容をベースに、最新の知見も盛り込んだ『おにぎりの文化史 おにぎりはじめて物語』が、2019年4月4日、河出書房新社から発売された。

続きを読む