今日は何の日?カテゴリーの記事

[今日は何の日]今日はクローゼットを開けて…
鏡開き
鏡開き

今日1月11日は「蔵開き」。主に江戸時代に「鏡開き」とともに行われた行事で、商家では11日に初めて「蔵」を開いた。

蔵のない家では、かわりに「物置」を開けたそうである。
武家では甲冑を納めた「櫃」を開く。

続きを読む

[今日は何の日]できものの日

1428(応永35)年のこの日、室町幕府4代将軍・足利義持が、風呂で尻のできものを掻き破った。なんでこんなことが記録に残っているかというと、義持はこの傷口が化膿して危篤となり、18日に死去してしまうからである。

続きを読む

[今日は何の日]家族計画の日

別にそう決まっているわけではないのだが、1465(寛正6)年のこの日、室町幕府8代将軍・足利義政と正室・日野富子との間に、跡継ぎとなる男子・義尚が誕生した。
これがめでたいどころか騒動のタネになったのは、将軍・義政が前年に弟・義視を次の将軍にすることを決めてしまっていたからである。

続きを読む

[今日は何の日]青鬼の行方
青鬼@香川県高松市
青鬼@香川県高松市

『泣いた赤鬼』などで知られる童話作家の浜田広介が1973(昭和48)年の11月17日に没。
『泣いた赤鬼』とは——人間と友達になりたい赤鬼に、青鬼が「ぼくが村で暴れるから、そこへ君がやってきてぼくを殴ればいい」と悪役を買ってでる。青鬼を退治した赤鬼は人間と友達になる。青鬼は赤鬼が人間と仲良くなったのを見て、そっと山を去っていく。赤鬼は青鬼の置き手紙を読んで涙する——というお話し。

続きを読む

[今日は何の日]「前例」の日
関門海峡と関門橋
関門海峡と関門橋

本州と九州を結ぶ関門橋が1973(昭和48)年のこの日に開通。この橋は残念ながら歩いて渡ることはできないので自動車族の独壇場だ。

しかし、かつて一度、人が歩いて渡ったことがあった。開通直前に、下関・北九州の両市が催した「関門橋歩行見学会」である。両岸から抽選で選ばれた一般市民9000人ずつ、計1万8000人が橋の全長1068mを歩いて、橋の完成を祝した。

続きを読む