博物的ニュースカテゴリーの記事

[今日は何の日]あわただしい日
横浜・山下公園

1180(治承4)年のこの日、安徳天皇一行が京都を出発し、平清盛が新たに都と定めた福原(兵庫県神戸市)へと向かった。遷都を発表したのは5月30日。あわただしい出発のうえ、都の造営も行われておらず、天皇の住む屋敷もなかったという。

続きを読む

[今日は何の日]掃除機の日
福井県立歴史博物館
福井県立歴史博物館

福井県立歴史博物館のトピックゾーン「昭和のくらし」に展示されている掃除機

今日5月30日は沖田総司の命日「総司忌」にして「掃除機の日」である。

「掃除機の日」の前身は、日本電機工業会が1986(昭和61)年に制定した「お掃除の日」で、まさか沖田総司にちなんだのか……と思ったが、5月30日(ゴ・ミ・ゼロ)が由来だそうだ(いくらなんでもそりゃそうか)。

続きを読む

[今日は何の日]ハレー彗星最接近の日
What day is today?

今から110年前。1910(明治43)年のこの日、ふたたびヤツがやってきた。75年ぶりである。
2000年以上にわたって人類に記録され続けてきた彗星であり、最初のうちこそ「戦乱の予兆である」と恐れられていたものの、年を経るごとに人類もだんだんと知恵をつけてきて、これが定期的に太陽系を周回する彗星であるということを見抜いてしまった。

続きを読む

[今日は何の日]銀座の小判の物語
朝日新聞1956年5月19日付
朝日新聞1956年5月19日付

小判の発見を報じる1956年5月19日付の朝日新聞朝刊

1956(昭和31)年5月18日の夜9時頃のこと。東京都江東区の城東警察署に「仕事中に小判を拾った」と工務店の作業員から届け出があった。江東区深川の残土処理場で作業を行っていたところ、〈ピカッと光ったものがあった。/一枚を手に取ったら二枚、三枚とつぎつぎに出て来て二十三枚となった〉という(朝日新聞1956年5月19日付)。

続きを読む

[今日は何の日]和同開珎登場の日
『続日本紀』の和同開珎に関する記述
『続日本紀』の和同開珎に関する記述

『続日本紀』(江戸時代写。国立国会図書館蔵)に見られる和同開珎に関する記述。正月に武蔵国秩父郡が和銅を献じ、5月に銀銭を使用させたとある(傍線部分)

708(和銅元)年の5月11日、和同開珎(銀銭)が発行された。8月10日には銅銭も発行される。
この年の正月に、武蔵国秩父郡(現・埼玉県秩父市)で産出した自然銅を朝廷に献上したのが鋳造のきっかけとされており、埼玉県秩父市は同地を「通貨発祥の地」と称している(なお、和同開珎より古い貨幣として富本銭が存在するが、大量に流通していたかどうかは不詳)。

ところで、この和同開珎であるが、じつは現在も流通している。

続きを読む