博物的ニュースカテゴリーの記事

縄文時代のたべもの事情、埼玉で
埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館

埼玉県立歴史と民俗の博物館(写真は常設展示)

遺跡の出土物の中から当時の食生活を知るヒントになりそうな品々を集めた、企画展「縄文時代のたべもの事情」が、埼玉県立歴史と民俗の博物館(さいたま市大宮区)で開催中。会期は2020年1月2日〜2月16日。

貝塚から出土した貝や魚骨、獣骨、遺跡から見つかった木の実、さらにマメを練り込んだ土器や、 続きを読む

[今日は何の日]食い尽くせ!
二十日正月
二十日正月

1月20日は、昔から「二十日正月」と呼ばれ、正月行事の終わりの日とされている。年棚(正月に際し年神を迎えるために作られた臨時の神棚)など、正月関係のものをみんな処分し、正月気分もこれを限りに終わりにしようというもの。

続きを読む

[今日は何の日]今日はクローゼットを開けて…
鏡開き
鏡開き

今日1月11日は「蔵開き」。主に江戸時代に「鏡開き」とともに行われた行事で、商家では11日に初めて「蔵」を開いた。

蔵のない家では、かわりに「物置」を開けたそうである。
武家では甲冑を納めた「櫃」を開く。

続きを読む

[今日は何の日]できものの日
What day is today?

1428(応永35)年のこの日、室町幕府4代将軍・足利義持が、風呂で尻のできものを掻き破った。なんでこんなことが記録に残っているかというと、義持はこの傷口が化膿して危篤となり、18日に死去してしまうからである。

続きを読む

戦国大名の軍需調達にスポットを当てた企画展、埼玉で
news

戦国時代の物流、とりわけ戦争に欠かせない武器や兵糧などの軍需物資についてスポットを当てた企画展「戦国大名は如何にして軍需を調達したか」が、埼玉県立嵐山史跡の博物館(埼玉県嵐山町)で開催中。会期は2019年11月30日〜2020年2月16日。

続きを読む