博物infoカテゴリーの記事

東京都庭園美術館でキスリング展、開幕
東京都庭園美術館
東京都庭園美術館

アール・デコ様式の東京都庭園美術館本館(旧朝香宮邸・1933年竣工)

東京都庭園美術館(東京都港区)で、2019年4月20日より展覧会「キスリング展—エコール・ド・パリの夢」が開幕した。独自の作風を確立し、エコール・ド・パリの重要な芸術家と位置づけられるキスリング(1891-1953)の作品約60点を展示する。7月7日まで。

続きを読む

夕張市石炭博物館の模擬坑道で火災
news

2019年4月18日深夜、夕張市石炭博物館(北海道夕張市)の模擬坑道で火災が発生した。模擬坑道は本物の坑道を展示用にしたもので、実物の石炭層に触ることができるのが売りの施設。

続きを読む

株式会社タダノ、大学付属の天文台を支援
news

国の予算削減で維持困難となっていた、京都大学付属の花山天文台(京都市山科区)が、建設用クレーンメーカー・株式会社タダノの寄付により存続が決まった(京都大学報道発表PDF)。

株式会社タダノは花山天文台の歴史的施設を残し、教育普及活動に活用するために、10年間にわたって毎年1000万円を支援する。 続きを読む

デイノケイルスとむかわ竜、国立科学博物館で初公開へ
news

モンゴル・ゴビ砂漠で見つかったデイノケイルスと、北海道むかわ町で発掘されたむかわ竜の全身復元骨格が完成。国立科学博物館(東京・上野)で2019年7月13日から開催される「恐竜博2019」で公開される。
全身復元骨格の公開は世界初。
4月17日付の朝日新聞電子版が報じた。

景清洞で発見の新種ムカデ、カゲキヨツメジムカデと命名
news

秋吉台(山口県)の鍾乳洞・景清穴(景清洞)で新種のジムカデが発見され、採集した洞窟名にちなんで「カゲキヨツメジムカデ」と命名された。2019年3月に国際学術雑誌の「ZOOKEYS」で新種記載の論文が発表された(法政大学プレスリリース)。

続きを読む