博物infoカテゴリーの記事

ナマコの特別展、和歌山県立自然博物館で開催
特別展「大集合!はたらくナマコのワンダーランド」は、2020年8月30日まで、開催中
特別展「大集合!はたらくナマコのワンダーランド」は、2020年8月30日まで、開催中

特別展「大集合!はたらくナマコのワンダーランド」は、2020年8月30日まで、開催中

和歌山県立自然博物館(和歌山県海南市)では、特別展「大集合!はたらくナマコのワンダーランド」(リンク先PDF)を、2020年7月18日~8月30日の会期で開催中。

本州では初展示となる世界最大種のナマコであるクレナイオオイカリナマコなど、約20種のナマコを生態展示する 続きを読む

アマビエ、新型コロナ後に初の公開 姫路で
肥後国海中の怪(アマビエの図)
肥後国海中の怪(アマビエの図)

アマビエを描いた唯一の資料が新型コロナ流行後、初の公開。「肥後国海中の怪」(京都大学附属図書館所蔵)より

昨今の新型コロナウイルス感染症流行に際して、SNSで話題になった江戸時代の妖怪「アマビエ」。
その姿を描き写した摺り物は京都大学附属図書館にただ1点伝わるのみであるが、このアマビエ画が、兵庫県立歴史博物館(兵庫県姫路市)の特別展「驚異と怪異—モンスターたちは告げる」で公開される(会期:2020年6月23日〜8月16日)。

続きを読む

怪物の文化史を俯瞰する「驚異と怪異」展、姫路で
museum

洋の東西を問わず、不可思議な生き物の伝承は今日まで伝わっているが、それら怪物の文化史的な意味について考える特別展「驚異と怪異—モンスターたちは告げる」が、兵庫県立歴史博物館(兵庫県姫路市)で開催予定。 続きを読む

新型肺炎対策で、国立博物館などが休館
東京国立博物館
東京国立博物館

東京国立博物館などは、2020年2月27日〜3月15日の期間、臨時休館となる

新型肺炎(新型コロナウイルス感染症)に関連する、政府のスポーツ・文化イベントの2週間自粛要請(2020年2月26日)を受けて、独立行政法人国立文化財機構は、国立博物館やその公開施設を2020年2月27日〜3月15日の期間、臨時休館すると発表した。

臨時休館するミュージアムは、東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館の国立4館に加え、奈良文化財研究所の平城宮跡資料館、藤原宮跡資料室、飛鳥資料館。 続きを読む

横山隆一のカメラコレクション展、高知で
museum

【追記】新型コロナウイルス感染症対策のため、2020年3月19日まで臨時休館

戦前から戦後に渡り、多くの新聞・雑誌で連載された漫画キャラクター「フクちゃん」を代表作とする漫画家・横山隆一(1909-2001)。
彼はカメラのコレクターでもあったが、その蒐集品約470台を紹介する企画展「カメラと隆一—集めることに意味がある」が、隆一の出身地である高知県の横山隆一記念まんが館(高知市九反田)で開催されている。 続きを読む