博物的ニュースカテゴリーの記事

[今日は何の日]家族計画の日
What day is today?

別にそう決まっているわけではないのだが、1465(寛正6)年のこの日、室町幕府8代将軍・足利義政と正室・日野富子との間に、跡継ぎとなる男子・義尚が誕生した。
これがめでたいどころか騒動のタネになったのは、将軍・義政が前年に弟・義視を次の将軍にすることを決めてしまっていたからである。

続きを読む

[今日は何の日]青鬼の行方
青鬼@香川県高松市
青鬼@香川県高松市

『泣いた赤鬼』などで知られる童話作家の浜田広介が1973(昭和48)年の11月17日に没。
『泣いた赤鬼』とは——人間と友達になりたい赤鬼に、青鬼が「ぼくが村で暴れるから、そこへ君がやってきてぼくを殴ればいい」と悪役を買ってでる。青鬼を退治した赤鬼は人間と友達になる。青鬼は赤鬼が人間と仲良くなったのを見て、そっと山を去っていく。赤鬼は青鬼の置き手紙を読んで涙する——というお話し。

続きを読む

猫の視点で史跡散歩、文京ふるさと歴史館で
文京ふるさと歴史館「ねこの細道・さんぽ道」展
文京ふるさと歴史館「ねこの細道・さんぽ道」展

文京ふるさと歴史館「ねこの細道・さんぽ道」展は、2018年12月2日まで。同館は地下鉄本郷三丁目駅から徒歩5分

文京ふるさと歴史館(東京・本郷)では、2018年10月20日〜12月2日の会期で「ねこの細道・さんぽ道—ぶんきょう道中ひげ栗毛」を開催中。〈路地を歩く猫の視点で、日頃は見過ごしがちな、史跡や文化財の一面をご紹介します〉(同展チラシより)とのこと。

続きを読む

[今日は何の日]火星人来襲の日
@東京大学総合研究博物館「火星—ウソカラデタマコト」展
@東京大学総合研究博物館「火星—ウソカラデタマコト」展

今日は、火星人来襲の日。といっても、外へ出て空を見上げていても、何も降ってこない。

1938(昭和13)年のこの日、アメリカでH.G.ウェルズの『宇宙戦争』をドラマ化したラジオドラマ「火星人の来襲」が放送された。「火星人がニュージャージーに上陸した」など、劇中の臨時ニュースや実況を事実だと思いこんで警察や放送局に問い合わせの電話が殺到し、一部で避難騒ぎまでもが起きたとされる。

続きを読む

[今日は何の日]十三夜
深川江戸資料館
深川江戸資料館

深川江戸資料館の再現展示。写真は十五夜の飾り付け。団子の巨大さが目を引く

今日は旧暦9月13日。今夜の月を十三夜と言う。旧暦8月15日の月を十五夜(中秋の名月)として祝うのは全国的な風習だが、江戸時代、十五夜だけを祝って、十三夜を祝わないと「片月見」といって縁起が悪いとされた。

江戸時代の風俗を記した『守貞漫稿』(嘉永6年〔1853〕成立)に、十五夜に酒食を饗したりした場合は、必ず9月13日にも今日(十五夜)の如くすること、〈これをなさざるを片月見と云て、忌むこととす。俗諺のはなはだしきなり〉と記している。

続きを読む