東海地方カテゴリーの記事

蒲郡市竹島水族館、過去最高の入館者数を記念し、紅白まんじゅう配る
蒲郡市竹島水族館
蒲郡市竹島水族館

スタッフが手作りで作成する解説パネルが人気の水族館

ビンボー水族館が日々の努力を積み重ねて、人気スポットになったことで話題の蒲郡市竹島水族館(愛知県蒲郡市)が、今年度、過去最高の45万人の入館者数を記録した(同館フェイスブック)。
これを記念して同館では、2019年3月31日に、当日の入館者へ紅白まんじゅうを配布する。入館者45万人にちなんで、先着450名。

続きを読む

鳥羽水族館、「TOBA SUPER AQUARIUM」のバックナンバーをPDF公開
鳥羽水族館「TOBA SUPER AQUARIUM」
鳥羽水族館「TOBA SUPER AQUARIUM」

鳥羽水族館で、四半世紀以上の歴史を持つ、定期刊行物「TOBA SUPER AQUARIUM」。同館サイトからすべてのバックナンバーの閲覧が可能だ

鳥羽水族館(三重県鳥羽市)では、1992(平成4)年より機関誌「TOBA SUPER AQUARIUM」を発行しているが、先頃、同誌の創刊以来のすべてのバックナンバーがPDFにて閲覧できるようになった。

続きを読む

ふじのくに茶の都ミュージアムがオープン
museum

静岡県島田市に、お茶をテーマにしたふじのくに茶の都ミュージアムがオープン。茶作りのさかんな牧之原台地にある、旧「島田市お茶の郷」を整備し、2018年3月24日に開館した。
茶の起源とされる樹齢1000年の「茶樹王」(中国雲南省)のレプリカや、世界各地の茶の香りをかぐことができるコーナー、日本および静岡の製茶の歴史の紹介などがある。

続きを読む

伊豆・三津シーパラダイスに深海水槽「DON底」オープン
タカアシガニ
タカアシガニ

タカアシガニ(イメージ)

伊豆・三津シーパラダイス(静岡県沼津市)は、2015年7月18日に、駿河湾を代表する深海生物を集めた大型水槽「DON底」をオープンさせる。

タカアシガニやノコギリザメ、フトツノザメなどを展示するほか、7月18日〜8月31日の期間は、飼育員による解説「深海生物 底底(そこそこ)イイ話」を行う(各日11時15分〜、13時〜)。

続きを読む

工芸品のような史上最大の二枚貝[シカマイア]
シカマイア復元模型:国立科学博物館
シカマイア復元模型:国立科学博物館

シカマイア復元模型:国立科学博物館

水盤として花を生けてもよさそうだし、料理皿としても引き立つかもしれない。そのまま、床の間に飾ってもいい——そんな、品の良さそうな陶器にみえるが、これが生物だというから驚く。

シカマイアという、全長1m以上にもなる二枚貝の復元模型(国立科学博物館)だ。古生代ペルム紀後期に生息し、日本やマレーシアなどから密集して産出する。

続きを読む