東北地方カテゴリーの記事

「賢治」効果で大学やませに克つ!?[岩手大学農学部附属農業教育資料館]
盛岡市内を流れる北上川
盛岡市内を流れる北上川

北上川がとうとうと流れる盛岡市。この地方は、数年周期で襲ってくる「やませ」と呼ばれる冷害凶作に古来より悩まされ続けてきた。
そのようななかに位置する岩手大の農学部は、冷害対策の研究のために設置されたといっても過言ではない。

続きを読む

壮絶!竿灯V.S.扇風機のバトル[秋田大学付属鉱業博物館]
秋田大学付属鉱業博物館
秋田大学付属鉱業博物館

 丸い筒状の外観が特徴的な鉱業博物館は、中の階段も螺旋状だ。3階建ての展示スペースはけっこう広い。
 鉱業というと機械と岩ぐらいしか展示してないのではと思われがちだが、これが結構盛りだくさんなのである。岩石や化石の標本、地学のパネル、石炭石油の採掘模型や機器が展示され、地質の総合博物館といってもいい。

続きを読む

オープニングにひとくせあり[アクアマリンふくしま]
アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま

 2000(平成12)年開館の「アクアマリンふくしま(ふくしま海洋科学館)」は、大型水族館の中では新しい方の部類になる。
 普通、この手の新しい水族館は、最初に観客を「わーっ」と言わせて盛り上げようと、カツオやマグロなどが泳ぐ大水槽を配することが多い。だが、そのあとが続かない。そうそう大物ばかり飼うわけにもいかず、小物の水槽が続くので、ルートの後半に行くに従って、観客が小さい水槽をのぞき続けることに疲れ、飽きてきている様子がよくわかる。最初に討ち入りを見て、そのあとビデオを巻き戻して頭から『忠臣蔵』を見るようなものである。

続きを読む

酒田の町で即身仏に会う[海向寺]
海向寺
海向寺

 「南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛ー」
 案内をしてくれたお寺の方の読経が響く。チーンとひときわ大きく鐘を鳴らして合掌。その先には2体の即身仏が、別々のガラスケースに収まって鎮座している。
 この日は、夜行バスで酒田に着いた同行者と合流したため、朝の動きが早い。朝食を済ませて午前9時前にはお寺の境内に到着した。開門を待って、朝一番で即身仏である。
 すがすがしいと同時に、実に厳かな気分になるではないか。 やや肌寒い秋の風が、お香の匂いとまじりあう。

続きを読む

鍾乳洞を丸ごと科学館に![龍泉新洞科学館]
龍泉新洞科学館
龍泉新洞科学館

 龍泉洞の向かいに建つ科学館。鍾乳洞の中を丸ごと科学館にしてしまった施設なので、建つというよりは穿つと言った方がいいのだろうか。
 館内……いや、洞内にはコウモリなどの洞窟生物の標本や、洞内から発見された土器や石器、鍾乳石の成長などについての地学的な展示がある。

続きを読む