岩手県カテゴリーの記事

[感想後記]縄文時代の「巨神兵」に遭う/江戸東京博物館「発掘された日本列島 新発見考古速報2015」展
けや木の平団地遺跡・人体文付深鉢
けや木の平団地遺跡・人体文付深鉢

けや木の平団地遺跡出土「人体文付深鉢」は、まるで縄文時代の巨神兵

近年の発掘成果をトピックスとして速報展示する「発掘された日本列島 新発見考古速報2015」が、江戸東京博物館(東京・両国)を皮切りに、全国を巡回する。
会場に入って、まず目を引いたのが、ナウシカに出てくる巨神兵のような文様が表現された、けや木の平団地遺跡「人体文付深鉢」(岩手県滝沢市)だ。

続きを読む

国境のある民家園[みちのく民俗村]
mu_kitakami1

工場の誘致に成功して以来、観光よりも工業で食っていっているから
「何も見るところがなくてねぇ」というのが、タクシーの運転手の「北上」評である。

その岩手県北上市の数少ない(?)見どころがここみちのく民俗村だ。

続きを読む

「賢治」効果で大学やませに克つ!?[岩手大学農学部附属農業教育資料館]
盛岡市内を流れる北上川
盛岡市内を流れる北上川

北上川がとうとうと流れる盛岡市。この地方は、数年周期で襲ってくる「やませ」と呼ばれる冷害凶作に古来より悩まされ続けてきた。
そのようななかに位置する岩手大の農学部は、冷害対策の研究のために設置されたといっても過言ではない。

続きを読む

鍾乳洞を丸ごと科学館に![龍泉新洞科学館]
龍泉新洞科学館
龍泉新洞科学館

 龍泉洞の向かいに建つ科学館。鍾乳洞の中を丸ごと科学館にしてしまった施設なので、建つというよりは穿つと言った方がいいのだろうか。
 館内……いや、洞内にはコウモリなどの洞窟生物の標本や、洞内から発見された土器や石器、鍾乳石の成長などについての地学的な展示がある。

続きを読む

洞内に湧く清水、3つの楽しみ方[龍泉洞]
龍泉洞
龍泉洞

 洞窟の奥行きは現在知られている部分だけで3100m、総延長は5000m以上に及ぶとみられている、日本屈指の巨大鍾乳洞。
 ここの見どころはなんといっても洞内に湧き出す清水が形成した地底湖だ。世界でも有数の透明度をもつと言われており、水深98mの第3地底湖をのぞき込んでみると、深みに達するにつれ青みを増して、吸い込まれそうな気分になる。非公開の第4地底湖では水深120m(透明度41.5m)にもなるという。

続きを読む