九州地方カテゴリーの記事

恐竜すす払い参加者募集、いのちのたび博物館で
北九州市立いのちのたび博物館
北九州市立いのちのたび博物館

日本屈指の規模を誇る、北九州市立いのちのたび博物館の恐竜展示

もうじき大掃除の季節、北九州市立いのちのたび博物館(北九州市八幡東区)では、博物館で展示している恐竜化石を掃除する「恐竜すす払い」の参加者を募集している。

開催は2017年12月26日で、往復ハガキまたは応募フォームから、12月12日必着で申し込む。対象は小学生以上(小学生は保護者同伴)、定員は12名(抽選)。

続きを読む

京急油壺マリンパーク、ダイオウイカの子どもを標本展示
京急油壺マリンパーク
京急油壺マリンパーク

イルカやアシカのパフォーマンスが人気だが、ダイオウイカ、ニュウドウイカ、メガマウスなど、三浦半島周辺の海域で捕獲された珍しい生物の標本展示も充実している

京急油壺マリンパーク(神奈川県三浦市)では、2015年11月29日より、東京湾で捕獲されたダイオウイカの子どもを標本展示する。

この個体は、2015年5月6日に三浦半島の東京湾側にあたる横須賀・大津漁港で、水面に浮いているところを捕獲されたもの。まもなく死亡したが、その後の調査で、生後1年未満のダイオウイカであることが判明した。ダイオウイカは世界で約600個体ほどの発見例があるが、子どもと思われる個体の報告例は今回を含めて4件しかないという(同社プレスリリースより・PDF

続きを読む

人吉鉄道ミュージアムがオープン
肥薩線・SL人吉号
肥薩線・SL人吉号

肥薩線・SL人吉号

肥薩線の魅力紹介などを目的とした「人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868」が、2015年5月30日、JR人吉駅前に開館した。

MOZOCA(もぞか)は現地の方言で「小さい」「かわいい」という意味。

肥薩線は八代駅(熊本県八代市)から隼人駅(鹿児島県霧島市)に至るJR線で、1909年に全通。当時はこのルートが鹿児島本線と名付けられた。

続きを読む

「ラスコー洞窟壁画展」2016〜17年に日本巡回

フランスの世界遺産であるラスコー洞窟壁画を再現した「ラスコー洞窟壁画展」が、2016〜17年にかけて、東京・宮城・福岡の3都市を巡回することが決まった。毎日新聞web版が2015年5月18日付で報じた。

同展覧会は2012年に開始され、アメリカ、カナダ、ベルギーなどを巡回中。2014年10月に東京展開催の合意書が調印され、2015年5月18日には宮城・福岡両展の合意書が調印された(毎日新聞web版2015年5月19日付)。

続きを読む

天然記念物に囲まれた貝の聖地[青島]
青島神社
青島神社

 宮崎、なかんずく日南海岸といえばフェニックス(カナリーヤシ)。だが、これは宮崎交通の初代社長・岩切章太郎(1894〜1985)が南国イメージを醸し出すために一所懸命植えたものだ。
 では、この南国イメージはまったくの創作なのかというとそうでもない。
 宮崎市街から南へ20km、日南海岸国定公園北端の青島には約4000本のビロウや27種の亜熱帯植物が繁茂しており、海辺の強い陽射しも相まって、まごうかたなき南国の雰囲気だ。

続きを読む