山梨県カテゴリーの記事

富士山登拝に欠かせない宿坊と拝礼の屋敷、御師住宅[小佐野家復原住宅「御師住宅」/御師旧外川家住宅]
富士吉田市歴史民俗博物館・御師住宅(小佐野家住宅復原)
富士吉田市歴史民俗博物館・御師住宅(小佐野家住宅復原)

一番奥の間に設けられた神殿。富士吉田市歴史民俗博物館付属施設の小佐野家復原住宅「御師住宅」で

富士山は古来から信仰の山だった。遠方からでもその姿を認めることができる勇壮な姿に加え、時には噴煙をたなびかせていたわけだから、昔の人々が、これに神威を見たとしても不思議ではない。

しかし、富士山は信仰の山でありながら、その自然環境の厳しさから、かつては「遙拝の山」だった。登拝する者はわずかでそのほとんどが山岳修験者だったが、江戸時代になると「講」を結成して、町や村から集団で組織的に富士山登拝をする動きが現れた。

続きを読む

富士山の麓に暮らす人々の世界[富士吉田市歴史民俗博物館]
富士吉田市歴史民俗博物館
富士吉田市歴史民俗博物館

富士山登拝の装束を示した展示。富士山登拝は江戸時代に「富士講」として盛んに行われた

関東の都心にあっても、冬のよく晴れた朝や、秋の真っ赤な夕焼けに、富士がその稜線を横たえているのを眺めることができると、なにか得をしたような気になる。しばし見入っている人も少なくない。
これだけ目立つ山なのだ。古来から信仰の対象とされなかったわけがない。そのような、信仰対象としての富士山の歩みをまとめたのが、富士吉田市歴史民俗博物館だ。

続きを読む

巨体を休める富士山観測の立役者[富士山レーダードーム館]
富士山レーダードーム館
富士山レーダードーム館

気象体験コーナーや台風観測の疑似体験コーナーも設けられている

「道の駅富士吉田」を訪れると、目の前に雄大な富士の姿が広がる。その脇に白いドームの建物がある。これがかつて富士山頂にあって気象観測に活躍した旧富士山測候所だ。気象衛星などの登場によって、1999(平成11)年にその役割を終え、現在はここに移築され、体験学習施設「富士山レーダードーム館」として余生を送っている。

続きを読む

山梨の縄文時代から現代までをたどる[山梨県立博物館]
yamanashi1
yamanashi1

2005年に開館した博物館。役行者(えんのぎょうじゃ/山岳修験の開祖)の日本最古の木像(複製)や農村のジオラマ、イノシシの紋様を持つ縄文土器などが展示されている。
新しい博物館なので、外観やエントランスもしゃれているが、デザイン性を重視した設計のせいか、入口や順路が非常にわかりづらいのが難点だ。訪れた時も、博物館の建物の前で入口を探して右往左往する人多数。「←入口」という紙が、葬儀会場の案内のごとく何枚も貼られているのが、この建物の構造上の問題を物語っているように思う。

続きを読む