近畿地方カテゴリーの記事

株式会社タダノ、大学付属の天文台を支援
news

国の予算削減で維持困難となっていた、京都大学付属の花山天文台(京都市山科区)が、建設用クレーンメーカー・株式会社タダノの寄付により存続が決まった(京都大学報道発表PDF)。

株式会社タダノは花山天文台の歴史的施設を残し、教育普及活動に活用するために、10年間にわたって毎年1000万円を支援する。 続きを読む

博物館で新種に出会う(新種展示情報)
museum

春だから……というわけではないが、各地の博物館で新種の展示が相次いでいる。いずれも当該博物館での研究成果を反映したものだ。

北九州市立いのちのたび博物館(北九州市八幡東区)では、国内で57年ぶりに見つかった新種のタニガワナマズを 続きを読む

琵琶湖博物館に「樹冠トレイル」が登場、11/3より
museum

琵琶湖の畔に建つ滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県草津市)では、2018年11月3日に、琵琶湖を一望しながら植物観察ができる空中遊歩道「樹冠トレイル」をオープンさせる。

続きを読む

唐古・鍵遺跡の博物館、リニューアル
renewal

弥生時代の大規模環濠集落遺跡である唐古・鍵遺跡(奈良県田原本町)の出土品を展示する、唐古・鍵遺跡考古学ミュージアムが、2018年6月1日にリニューアルオープンした。

続きを読む

琵琶湖疎水に観光船が復活
琵琶湖疎水
琵琶湖疎水

蹴上側から見た琵琶湖疎水(1994年撮影)。右の建物は旧御所水道ポンプ室。奥が第3トンネル

明治時代に京都へ琵琶湖の水を引くために建設された「琵琶湖疎水」に、2018年春から観光船「びわ湖疎水船」が就航した。ルートは大津から山科を経て蹴上(京都市左京区)まで。運航日は2018年3〜5月と10〜11月。土日曜や休日などを中心とした運航スケジュールとなっている。

続きを読む