埼玉県カテゴリーの記事

[感想後記]ロングセラー商品に見る時代観の変遷/狭山市立博物館「しあわせのリカちゃん」展
狭山市立博物館「しあわせのリカちゃん」展
狭山市立博物館「しあわせのリカちゃん」展

約300体のリカちゃん人形が展示されている

狭山市立博物館(埼玉県狭山市)では、開館25周年記念企画として「しあわせのリカちゃん」展を、2016年3月19日〜5月29日の会期で開催している。

入館券を買い求め有料ゾーンに入ると、ホールの壁面がピンク色で「すでに内装からリカちゃん気分を演出か!」と驚かされたが、そんなわけはなく、ここは「舞い舞いホール」と呼ばれる展示エリア。

続きを読む

細長い展示室と長いスロープのヒミツ[狭山市立博物館]
狭山市立博物館
狭山市立博物館

中央は約170万〜70万年前に生息し、狭山市内でも化石が発見されているアケボノゾウ。左壁面に化石の産状復元模型

かねがね筆者は、博物館はもともと土着的なもので、とくに市町村にある博物館は「その町の自己紹介」のようなものだと思っている。
埼玉県狭山市は市域を横断するように入間川が流れ、その両岸には武蔵野台地・入間台地が形成されている、川と台地の町である。この町はどんな自己紹介をしてくれるだろうか?

続きを読む

昭和の「原っぱ」や伝統工芸体験も[埼玉県立歴史と民俗の博物館]
埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館

歴史のほか、民俗にも重点を置いた解説になっている常設展示室

歴史・民俗・美術を中心とした人文系の総合博物館。大きく、「見る」展示と「体験する」展示の2つに分かれている。
前者の例は常設展。先土器時代から現在までの埼玉の歩みを展示している。圧巻は中世に盛んに造られた「板碑」が立ち並ぶコーナーだ。これは、ほかの博物館ではちょっと見られない。

続きを読む

[Topics]突撃!博物館の晩ごはん
足立区立郷土博物館

近年の博物館展示は、生活のディテールを細かく再現しているものが多い。「食」もその例外ではない。晩ごはんや晩餐など、さまざまな時代の晩ごはんを、タイムマシンに乗るように、のぞきに行くこともできるのだ!

足立区立郷土博物館

足立区立郷土博物館

コロッケ、キャベツの千切り、たくあん、ほうれんそうのおひたし、豆腐とネギの味噌汁、ご飯……。これでも、れっきとした博物館の展示品だ。

続きを読む

旧埼玉県師範学校の校舎風の建物[さいたま市立浦和博物館]
さいたま市立浦和博物館
さいたま市立浦和博物館

外観を旧埼玉県師範学校の校舎風に再現した浦和博物館

博物館の建物は、1878(明治11)年に建てられた旧埼玉県師範学校の校舎(鳳翔閣)を復元したというふれこみ。だが、復元されているのは中央部のみで、また、本来木造二階建てだったものを鉄筋コンクリートで建てているので、細部を見るとアラが目立ち、「外観をそれらしく再現した」という印象を受けてしまうのがちょっと残念。

続きを読む