関東地方カテゴリーの記事

「町工場」の復元展示[日本工業大学工業技術博物館]
日本工業大学工業技術博物館
日本工業大学工業技術博物館

その名の通り、館内にずらっと圧倒されるほど工業機械が並んでいる。明治期から現在に至るまでの機械類が、旋盤、自動旋盤、フライス盤、研削盤、プレス…というようにジャンル分けされて整然と並んでいる様も壮観だが、長々と横たわる全長21mのガスタービンにも目がひかれる。まるで巨大なドリルのようだ。

その隣にぽつんと小屋が建っている。東京の下町にあった町工場を復元したもので、室内に所狭しと置かれた機械からはベルトがのびていて、天井を通るシャフトにつながっている。

続きを読む

思わず魅せられる美しき骨の数々[日本大学農獣医学部資料館]
mu_nichidai2

とにかく骨格標本と剥製のせいぞろいしている資料館だ。ゾウ、サイ、ウシ、サルなどの骨格が立ち並び、脇を固めるようにアリクイ、カモシカ、ツル、ウミガメなどの剥製が並ぶ。

続きを読む

多摩ニュータウンに息づく原始の世界![遺跡庭園 縄文の村]
遺跡庭園・縄文の村
遺跡庭園・縄文の村

 多摩ニュータウンの中心地・多摩センターの駅前を新宿方向に歩いていくと、やがて、強い陽射しに燦然と輝くサンリオピューロランドが見えてくる。このピューロランドの左手に原始文明が今なお息づいているのだ!?
 近代的なビル群を通り抜け、駐車場をとぼとぼと歩いていくと、目の前に緑に囲まれた古代住居が現れる。これが遺跡庭園 縄文の村。
 入園無料の園内には、縄文時代前期の竪穴住居、縄文中期の敷石住居など3棟が点在する。

続きを読む

昭和中期のすぐれた情景描写[昭和のくらし博物館]
昭和のくらし博物館
昭和くらしの博物館

東急池上線を久が原駅で降り、駅前の「ゆうやけ通り商店街」を歩くこと10分少々。
「え?こんなとこ入っていっていいの?」というような路地——というより、家と家との間——に「博物館」の存在を示す看板が立つ。
近所のお父さんと子どもがキャッチボールをしているわきをすり抜けて、たどり着くのが、木造2階建ての本当の民家をそのまま利用した「昭和のくらし博物館」。

続きを読む