群馬県カテゴリーの記事

「上毛かるたの世界」展、群馬県立歴史博物館で
上毛かるた
上毛かるた

上毛かるた(個人蔵)。1947(昭和22)年の登場以来、数次の改訂を経て現在に至る。「つる舞う形の群馬県」は、競技大会の際に空札として第一に読まれる

〈群馬県出身者をつかまえて「裾野は長し……」というと、間髪を入れず「赤城山」と返ってくる。小学生のころから学校や家庭でこのカルタ会が盛んで、ほとんどの県民が暗唱している。「歴史に名高い……」といえば「新田義貞」である。〉
吉川弘文館の人物叢書『新田義貞』(峰岸純夫著)は、こんな一節から始まる。このカルタこそ、群馬県のご当地カルタ・上毛かるたである。県の歴史や自然、産業、人物などが詠みこまれたもので、1947(昭和22)年12月に登場して以来、71年の歴史をもつ。

続きを読む

草津温泉に超常現象を見た![草津温泉]
kusatu01

 トレビの泉の例からもわかるように、人間というのは泉があるとコインを投げ込みたくなるものらしい。だが、ここ草津温泉の中心街「湯畑」では、投げ込まれたコインは殆ど皆無だという。湯がこんこんとわき出て滝となって流れ落ち、池をなすという、いかにも日本人好みのコイン投げしたくなるようなスポットであるにもかかわらず、だ。それはなぜか?

 別に草津に来る観光客がケチだというわけではない。そう、ここ草津は、投げ込まれたコインが消えてなくなるという超常現象が起きる日本でも数少ないミステリー・スポットなのである!
続きを読む