千葉県カテゴリーの記事

ふなばし三番瀬環境学習館がオープン、「大東京湾」展を開催中

東京湾最奥部の干潟・三番瀬(さんばんぜ)の環境や生態系について体験学習ができる施設・ふなばし三番瀬環境学習館(千葉県船橋市)が、2017年7月1日、ふなばし三番瀬海浜公園内にオープンした。
同館では、2017年7月15日〜9月3日の会期で、東京湾の成り立ちや歴史、そこに生息する生物などを取り上げた「大東京湾展——生物多様性の恵み」を開催している。

続きを読む

国立歴史民俗博物館、「原始・古代」展示室をリニューアルのため閉鎖 5/10から
国立歴史民俗博物館第1展示室
国立歴史民俗博物館第1展示室

リニューアルのため2016年5月10日から閉鎖となる、総合展示第1展示室「原始・古代」

国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)は、2016年5月10日から、リニューアル工事のため、総合展示第1展示室「原始・古代」を当分の間、閉室する。

同展示室は、旧石器時代から律令国家の奈良時代に至るまでを展示するコーナーで、青森県三内丸山遺跡の復元家屋のジオラマ、福岡県の沖ノ島祭祀遺跡群の原寸大再現などがある。

[感想後記]「妖怪」の地域固有種を追う/千葉県立中央博物館「妖怪と出会う夏」展
千葉県立中央博物館「妖怪と出会う夏」展
千葉県立中央博物館「妖怪と出会う夏」展

企画展「妖怪と出会う夏」の顔出しパネル。なお、会場内は撮影禁止

千葉県立中央博物館では、2014年度から千葉県内の妖怪情報を収集している。そのひとつの集大成として、2015年7月11日〜9月23日の期間、企画展「妖怪と出会う夏」が開催された。

千葉県各地の妖怪伝承を基盤にしており、県内各地の神社仏閣に伝わる大蛇の骨や、龍のように見える石、厄払いで使用する天狗面などを展示。借りた資料をメインとした「妖怪展」ではなく、一部他県からの借用資料を含めながらも、地元に視点を置いた展示内容となっている。

続きを読む

千葉・小湊鉄道にトロッコ列車、今秋予定
小湊鉄道
小湊鉄道

小湊鉄道は五井〜上総中野間39.1kmを結ぶ。沿線に、紅葉やハイキングの適地として知られる養老渓谷がある

千葉県の五井〜上総中野間を結ぶ小湊鉄道は、2015年秋から「里山トロッコ列車」を運行する。

窓ガラスなどを取り外したオープンタイプの客車など4両を用意し、牽引する機関車はC型コッペル蒸気機関車の内燃機関をクリーンディーゼルにしたものを使用。9月以降、試運転を行う。

続きを読む

千葉市動物公園で「動物の絵本」の貸出を開始
千葉市動物公園
千葉市動物公園

 千葉市動物公園(千葉市若葉区)では、2015年5月19日より、同園所蔵の動物に関する絵本約500冊の貸出を行う(プレスリリースPDF)。
 動物に対する興味関心を深め、絵本に出てくる動物と実際の動物を結ぶ新しい試みとして行うもの。会員登録をすれば、1人1回に5冊まで4週間借りることができる。

続きを読む