関東地方カテゴリーの記事

ダム建設と暮らしをテーマにした企画展、埼玉で
museum

埼玉県立歴史と民俗の博物館(さいたま市大宮区)では、2018年10月20日〜12月2日の会期で、特別展「ダムと変わる!私たちの暮らし」を開催する。
荒川・利根川という二大河川が流れる埼玉では、古くから水害に悩まされ、戦後になって水害への解決策としてダムが建設されるようになった。一方で、ダム建設は当該地域の集落を湖底に沈めてしまうものでもあった。

続きを読む

日本の中世文書の様式に着目した企画展、歴博で開催
国立歴史民俗博物館「日本の中世文書—機能と形と国際比較」展
国立歴史民俗博物館「日本の中世文書—機能と形と国際比較」展

中世文書約260点を展示する、国立歴史民俗博物館「日本の中世文書—機能と形と国際比較」展。現代の文書までを視野に入れた、日本の「文書史」をたどることができる構成

中世の古文書の様式に着目した企画展「日本の中世文書—機能と形と国際比較」が、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)で開催されている。会期は、2018年10月16日〜12月9日。
現代において、ハンコひとつ押すのにも「ここに割り印を押して、ここに捨て印を…」とか、申請の内容によって書類が異なったりなど、契約や申請書の作り方で頭を悩ますことは珍しくないが、これらはなにも現在に突然降って湧いた「作法」ではない。

続きを読む

『パタリロ!』100巻記念で魔夜峰央原画展開催 明治大学で
art

1978(昭和53)年に「花とゆめ」(白泉社)で連載が開始されたギャグマンガ『パタリロ!』が今秋100巻刊行となり、また著者の魔夜峰央がデビュー45周年となるのを記念して、「デビュー45周年&「パタリロ!」100巻達成記念 魔夜峰央原画展」が、明治大学 米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)で開催される。

特筆すべきは、会期が2018年10月12日~2019年2月11日と4カ月もあって、 続きを読む

[感想後記]昆虫を学ぶ、昆虫に学ぶ/国立科学博物館特別展「昆虫」
国立科学博物館・特別展「昆虫」
国立科学博物館・特別展「昆虫」

国立科学博物館では空前の規模となる、昆虫をテーマとした特別展。2018年10月8日まで

国立科学博物館(東京・上野公園)初の昆虫をテーマとした特別展「昆虫」が、2018年7月13日〜10月8日の会期で開催されているので、遅まきながら昆活してきた。
すでに夏休みが終わって久しいとはいえ、親子連れが目立ったが、次いでお一人様が多かった印象を受けた。観覧者が皆すごく幸せそうな顔をしていたのが印象的だ。あの幸せそうな顔は、推しに会っている顔だ。皆、自分の意中の虫に出会えたのだろう。

続きを読む

東京メトロ利用で、「フェルメール展」会場でプレゼント
news

東京メトロでは、上野の森美術館(東京・上野公園)で開催される「フェルメール展」(会期:2018年10月5日〜2019年2月3日)に連動して、「東京メトロICタッチキャンペーン」を実施する。

続きを読む