福井県カテゴリーの記事

7万年もの環境データが堆積、福井県年縞博物館がオープン
三方五湖(福井県)
三方五湖(福井県)

5つの湖が連なる景勝地として知られる三方五湖。手前が、7万年の年縞が確認された水月湖

福井県の三方五湖の畔に、2018年9月15日、福井県年縞博物館(福井県若狭町)がオープン。
年縞(ねんこう)とは湖底に堆積した層のことで、季節によって堆積物が変化するので、ちょうど年輪のように1年に1層、縞模様をなしている。
三方五湖のひとつ水月湖は、湖底の攪乱なども起きず、年縞が形成されやすい環境になっており、その歳月なんと7万年もの年縞が確認されている。

続きを読む

白亜紀鳥類の全身骨格化石、日本初の発見

 福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)は白亜紀前期の地層から、日本で初めてとなる中生代の鳥類全身骨格化石が確認されたと発表した。2015年1月6日〜2月1日の期間、同博物館にて展示する。
 この鳥類化石は、福井県勝山市北谷の恐竜化石発掘現場より2013年8月に発見されたもので、化石のクリーニング作業によってほぼ全身が保存された骨格化石であることが判明した。骨格の特徴から、白亜紀前期の原始鳥類のうちでも特に原始的な形質を持つグループであると見られている。