北海道カテゴリーの記事

タロとジロ、知られざる出生の秘密[稚内市青少年科学館]
稚内市青少年科学館1
稚内市青少年科学館1

 日本最北端の地、稚内へ来たら、ノシャップ岬にも足を運んでみよう。バス停から紅白のしまの灯台を目指し北へ歩みを進めれば、利尻富士を望む岬のかたわらに、稚内市青少年科学館がひっそりと建っている。
 戦後の稚内は、南極観測隊の前進基地としての役割を果たしていた時期があり、南極でソリをひくカラフト犬を訓練していた。かつて話題になった映画『南極物語』は、1958(昭和33)年に悪天候のため南極に置き去りにされたこの犬たちの運命を描いたものだ。

続きを読む

日本最北の水族館[ノシャップ寒流水族館]
ノシャップ寒流水族館
ノシャップ寒流水族館

 北海道の最北、稚内にあるノシャップ岬。白と赤とで塗られた灯台のかたわらに寄り添うように建っているのが、日本最北の水族館ノシャップ寒流水族館だ。

 ニシンやオオカミウオなど寒流系の魚介類を中心にした展示で、マボヤにアカボヤ、エゾバフンウニ、ナマコ、ケガニといった面々が大威張りでひとつの水槽を占拠しているのも場所柄をあらわしている。

続きを読む

北海道初の水族館の年季[市立室蘭水族館]
室蘭11
室蘭11

 1953(昭和28)年、室蘭市の鯨解体工場跡に北海道初の水族館として開館した。敷地は意外に広い。総面積2万3385平方mは横浜八景島シーパラダイス(1万8030平方m)や鳥羽水族館(1万7694平方m)を圧倒している。
 しかし、水槽の規模を示す総水量はたったの87トン。八景島1万2000トン、鳥羽6000トンとは問題にならない。実際、水槽展示はわずかにワンフロアーだけ。

続きを読む

嗚呼!クリオネの踊り食いを疑似体験
go_odori-gui0

パッケージを開けると、ケースに納まったクリオネが30匹ほど、勢揃いしている。普通は、ケースから竹の箸などを使って上品に、このクリオネたちを菓子皿に移すのだろうがここはちょっとワイルドに手づかみで頂こう。

手でガッとつまんだ時の触感はまるで浜辺に打ち上げられたクラゲに触れたかのようだ。べたりとはりついているクリオネを、ケースから引き離す。この粘度はまるでウミウシか何かを岩からひきはがしているかのような快感を与える。

続きを読む

貴方も体験、有珠山大噴火[洞爺湖町立火山科学館]
abuta00


 入ってまず目にとまるのは、車体がぼこぼこになった車だ。火山礫の直撃を受け、フロントガラスは割れ、屋根なども相当へこんでいる。入口にある、火山礫の直撃を受けた町長の公用車に始まり、泥流に押し流された車など、都合3台ほどが展示してある。 続きを読む