北海道カテゴリーの記事

北大キャンパスの遺跡紹介。タピオカが飲める土器も
北海道大学総合博物館
北海道大学総合博物館

北海道大学総合博物館は入館無料。6~10月の金曜は21時まで開館している

観光客の散策スポットとしても人気が高い、北海道大学札幌キャンパス(札幌市北区)は、そのほぼ全域が遺跡として登録されているという。キャンパス内には約5000年前の縄文時代中期以降の遺跡があり、漁労の場やキャンプサイト、集落、墓地などとして利用されてきた。

この地の過去の生活の様子を、出土品や地層などから明らかにする企画展「K39:考古学から見た北大キャンパスの5000年」が、北海道大学総合博物館(同キャンパス内)で開催中だ。 続きを読む

夕張市石炭博物館の模擬坑道で火災
news

2019年4月18日深夜、夕張市石炭博物館(北海道夕張市)の模擬坑道で火災が発生した。模擬坑道は本物の坑道を展示用にしたもので、実物の石炭層に触ることができるのが売りの施設。

続きを読む

デイノケイルスとむかわ竜、国立科学博物館で初公開へ
news

モンゴル・ゴビ砂漠で見つかったデイノケイルスと、北海道むかわ町で発掘されたむかわ竜の全身復元骨格が完成。国立科学博物館(東京・上野)で2019年7月13日から開催される「恐竜博2019」で公開される。
全身復元骨格の公開は世界初。
4月17日付の朝日新聞電子版が報じた。

北大総合博物館、7/26にリニューアルオープン
北海道大学総合博物館
北海道大学総合博物館

1929(昭和4)年に完成した旧理学部本館を使用している、北海道大学総合博物館

耐震改修工事のため、2015年4月から休館中だった北海道大学総合博物館(札幌市北区)が、2016年7月26日より、リニューアルオープンした。
休館日は毎週月曜で、祝日の場合は開館し、翌平日が休館。開館時間は10〜17時だが、6~10月の金曜のみ夜21時まで開館する。嬉しい入館無料。

続きを読む

[Topics]突撃!博物館の晩ごはん
足立区立郷土博物館

近年の博物館展示は、生活のディテールを細かく再現しているものが多い。「食」もその例外ではない。晩ごはんや晩餐など、さまざまな時代の晩ごはんを、タイムマシンに乗るように、のぞきに行くこともできるのだ!

足立区立郷土博物館

足立区立郷土博物館

コロッケ、キャベツの千切り、たくあん、ほうれんそうのおひたし、豆腐とネギの味噌汁、ご飯……。これでも、れっきとした博物館の展示品だ。

続きを読む