岡山県カテゴリーの記事

[感想後記]縄文時代の「巨神兵」に遭う/江戸東京博物館「発掘された日本列島 新発見考古速報2015」展
けや木の平団地遺跡・人体文付深鉢
けや木の平団地遺跡・人体文付深鉢

けや木の平団地遺跡出土「人体文付深鉢」は、まるで縄文時代の巨神兵

近年の発掘成果をトピックスとして速報展示する「発掘された日本列島 新発見考古速報2015」が、江戸東京博物館(東京・両国)を皮切りに、全国を巡回する。
会場に入って、まず目を引いたのが、ナウシカに出てくる巨神兵のような文様が表現された、けや木の平団地遺跡「人体文付深鉢」(岩手県滝沢市)だ。

続きを読む

駅近で楽しむ鍾乳洞[井倉洞]
井倉洞
井倉洞

 山陰と山陽を結ぶ大動脈として、特急列車が頻繁に往復するJR伯備線。このまままっすぐ目的地に向かってもいいが、どこかで途中下車して旅にアクセントをつけたい——そんな時におすすめなのが、この井倉洞だ。
 なにせ、駅から歩いてほんの15分で、鍾乳洞も滝も楽しめる。

続きを読む

生物学的に正しいカブトガニ饅頭
カブトガニ饅頭@岡山県笠岡市
カブトガニ饅頭@岡山県笠岡市

 岡山県笠岡市は、広大な干潟に天然記念物・カブトガニが生息していた町として知られている。
 そのため、町にはカブトガニ博物館が建ち、マンホールや掲示板、商店街ののぼりなど、町のそこかしこにカブトガニをあしらったマークがあふれている。
 当然、当地のお土産も「カブトガニ饅頭」だ。

続きを読む

渡って楽しんでこそ「橋」[瀬戸大橋架橋記念館]
瀬戸大橋架橋記念館
瀬戸大橋架橋記念館

※2010年3月31日をもって閉館

 瀬戸大橋ができてもう10年以上になる。瀬戸大橋が登場したことで、両岸の町村は競ってフィッシャーマンズ・ワーフや展望台の類を登場させたが、ここはちょっと毛色が違う。
 建物の外観からして太鼓橋。これが実際にてっぺんまでよじ登れるというのだ。

続きを読む

先駆的な総合ミニ水族館[市立玉野海洋博物館]
渋川海岸
渋川海岸

 春の海はどこもそうだが、瀬戸内海はとりわけ、のたりのたりと波打つ。
 そんな陽光がまぶしい渋川海岸に面して建つのが、この市立玉野海洋博物館。渋川マリン水族館という愛称を持ち、地元の人にはこちらの方が通りがいいようだ。
 敷地面積4500平米というこぢんまりとした施設であるが、同館の目玉はなんといっても、目の前の瀬戸内海にちなんだ展示。岡山名物の「ままかり」として知られる光り物のサッパや、佃煮(釘煮)にすると旨いイカナゴなどが飼育展示されている。

続きを読む