エリア別索引カテゴリーの記事

[感想後記]江戸〜昭和の「いきもの」のいる生活/江戸東京博物館「いきものがたり」展
江戸東京博物館「いきものがたり」展
江戸東京博物館「いきものがたり」展

江戸時代には野鳥などを観賞用に飼育して、その鳴き声を楽しむ愛好家が増えた。写真の屏風は、ウズラの鳴き声や姿の優劣を競う「鶉会」の様子

江戸東京博物館(東京・両国)では、「いきもの」と人との関わりをテーマとした企画展「いきものがたり—江戸東京のくらしと動物」を、2019年9月23日までの会期で開催している。

一口に「いきもの」といっても多様であるが、展示では、 続きを読む

河童の飼育水槽を準備、葛西臨海水族園で
葛西臨海水族園・淡水生物館
葛西臨海水族園・淡水生物館

葛西臨海水族園が準備した河童の飼育水槽

葛西臨海水族園(東京都江戸川区)の淡水生物館内に、河童の飼育水槽が登場した。
もし、河童を飼うとしたらどのような飼育環境が必要かということで、〈飼育係が工夫を凝らして本気でつくった!?〉(同館サイトより)もので、企画展示「河童を飼ウの法」として、2019年8月10日~10月15日の期間限定で開設される。

続きを読む

勝海舟記念館、9月に開館。大田区で
洗足池
洗足池

東京都大田区の洗足池。大田区立勝海舟記念館は、海舟の別邸があった同地に開館予定だ

東京都大田区は、区立勝海舟記念館を2019年9月7日に開館する。
場所は勝海舟(1823-1899)の別邸があった洗足池(大田区南千束)で、国登録有形文化財である鳳凰閣(旧清明文庫)を改修して記念館とする。洗足池には現在も勝海舟夫妻の墓所がある。

続きを読む

[感想後記]世界最古のヒーロー物語とその背景/古代オリエント博物館「ギルガメシュと古代オリエントの英雄たち」展
古代オリエント博物館「ギルガメシュと古代オリエントの英雄たち」展
古代オリエント博物館「ギルガメシュと古代オリエントの英雄たち」展

「人類最古の文学」と称されている『ギルガメシュ叙事詩』は、粘土板に楔形文字で刻まれた状態で、19世紀に再発見された

古代オリエント博物館(東京・池袋)では、夏の特別展「ギルガメシュと古代オリエントの英雄たち」を2019年7月13日〜9月23日の会期で開催中。
ギルガメシュは、約5000年前に古代都市ウルクを支配した実在の王で、死後数百年経って彼を主人公とした『ギルガメシュ叙事詩』が成立した。何がすごいって、日本なら縄文時代の頃の王様の物語が解読され、現代に伝わっているところだ。

続きを読む

真夏の夜の動物園&水族館、上野動物園などで開催
上野動物園夜間公開「真夏の夜の動物園」
真夏の夜の動物園:上野動物園

夜間ならではの光景が楽しめる、「真夏の夜の動物園」

上野動物園(東京都台東区)では、2019年8月10〜16日の間、開園時間を20時まで(入園は19時まで)延長する「真夏の夜の動物園」を開催する。
期間中は、飼育担当者による動物解説や、不忍池を眺めるオープン・ビアガーデンの営業などがある。

続きを読む