キーワード“1961(昭和36)年”の検索結果

キーワード1961(昭和36)年を含む記事は6件です

[今日は何の日]花粉症メジャーデビューの日
植樹林
植樹林

1987(昭和62)年のこの日、日本気象協会がスギ花粉情報の発表を開始した。これを花粉症が気象情報で流すほど一般的になったと見れば、今日は花粉症メジャーデビューの日といえようか。
上野の国立科学博物館で2017(平成29)年に開催された、企画展「花粉と花粉症の科学」の解説パネルによれば、花粉症は19世紀初頭にhay fever(枯草熱)として報告されたのが初という。

続きを読む

[今日は何の日]コカ・コーラ見参の日
What day is today?

1949(昭和24)年のこの日、来日していた大リーグ3Aチーム「サンフランシスコ・シールズ」が後楽園球場で巨人と対戦。
この時、球場内でコカ・コーラが販売され、アメリカン・ムードを演出した。

続きを読む

昭和の旅のベストセラー、「ブルー・ガイドブックス」が復刻
news

実業之日本社は、1961(昭和36)年に創刊した旅行書「ブルー・ガイドブックス」を電子書籍およびオンデマンド出版で復刻する。
ブルー・ガイドブックスは、「旅と山の新しい総合案内書」のふれこみで創刊され、国内旅行、とくにハイキングや登山のガイドブックとして人気を博した。

続きを読む

[感想後記]改めて知る花粉の歴史とその効用/国立科学博物館「花粉と花粉症の科学」展
国立科学博物館「花粉と花粉症の科学」展
国立科学博物館「花粉と花粉症の科学」展

「花粉と花粉症の科学」展は、国立科学博物館・日本館にて開催中。2017年3月20日まで

東京・上野の国立科学博物館では、2016年12月23日〜2017年3月20日の会期で企画展「花粉と花粉症の科学」を開催している。
まず「花粉の誕生」と題して植物化石の展示からスタート。これは花粉症まで大分先が長そうだ……。

続きを読む

植木等、初の回顧展 三重県総合博物館で3/20まで
ハナ肇とクレージーキャッツ「スーダラ節」(1961)
ハナ肇とクレージーキャッツ「スーダラ節」(1961)

1961(昭和36)年に発売されたハナ肇とクレージーキャッツ「スーダラ節」のレコードジャケット(個人蔵)。手前中央が植木等

コメディアンとして一世を風靡した、植木等(1926-2007)の企画展「植木等と昭和の時代」が、植木等の出身地・三重県の三重県総合博物館で開催されている(チラシPDF)。会期は2017年1月21日〜3月20日。

昭和30〜40年代の高度経済成長期を象徴する存在でありながら、一時代にとどまらない強い存在感を持つ植木等の、 続きを読む