北海道開拓の村で「冬の生活体験」

北海道開拓の村

 北海道の開拓期を中心とした52棟の建造物を展示している北海道開拓の村(札幌市厚別区)では、2015年1月4日より「冬の生活体験」を行う。
 木製そりや竹スキーでの雪遊び、マントやカクマキなど昔の防寒服をまとっての散策、昔の除雪道具での雪かき体験、人力そりに乗って記念撮影など、明治〜昭和初期の頃の冬の生活を追体験することができる。
 2015年3月22日までの予定で、いずれも入場料金のみで楽しむことができる。

 なお、同館では12〜3月の土日休日及び「さっぽろ雪まつり」の期間、かつて冬期の交通手段として活躍した「馬そり」も運行される(別途料金要・大人270円、小人130円)。

  • 北海道開拓の村の博物月報ルポはこちらから