京都水族館でとれたてのダイオウイカ標本公開、12/24〜25のみ

 京都水族館では、2014年12月24日、25日の両日に限り、とれたてのダイオウイカの標本を期間限定で展示する。

 このダイオウイカは、2014年12月23日に丹後半島・伊根浦の定置網にかかった個体で、体長約320cm、体重約70kg。ほどなく死亡したが、生きた状態に近い標本は大変貴重なものであり、この機会に皆さまにもその大きさや体色などを実際にご覧いただけるよう(同館サイトより)、両日限定で展示することを決めた。
 同館は現在、冬期営業時間変更で、朝10時から夜20時まで開館している。