[今日は何の日]平将門命日

940(天慶3)年の今日、下総国猿島郡(茨城県)で討たれた。平将門は農耕期を前に兵士の大半を村に帰らせ、側近などわずかな兵のみを手元に置いていたが、この隙を突いて藤原秀郷・平貞盛らが4000の軍勢で攻め込んで、あえない最期を遂げたとされる。

だが、実は最後の決戦の時もかなりの接戦だったようだ。

飛び道具が弓矢しかない時代、合戦には風向きが重要だったが、当初、将門側に強い追い風が吹いていた。さらに当時の伴類(ゆるやかな同盟軍)は不利になると逃げ出してしまう。追い風を利用した将門の猛攻を受け、秀郷・貞盛軍の伴類2900人が逃げ出し、残ったのはわずかに精兵300人(川尻秋生『平将門の乱』吉川弘文館、2007年)。

一時は、200人対300人ぐらいの戦いだったらしい。この時点ではどう転ぶかわからなかったが、夕方になって風向きがかわり勝敗が決した。最期は一閃の矢が将門のこめかみを射ったという。

俵藤太伝説の主である藤原秀郷もかなり薄氷の勝利だったことになる。

なお、将門は、死後、霊験あらたかとなるのだが、さすがに例の商戦には使われていないようだ。「本命の彼を狙い打ち」といってこめかみに矢が刺さっているキャラクターとか。