真夏の夜の動物園、上野動物園で16日まで

上野動物園「真夏の夜の動物園」

 上野動物園(台東区上野公園)では、8月11〜16日の間、開園時間を20時まで(入園は19時まで)延長する「真夏の夜の動物園」を開催する。
 期間中は、飼育担当者による動物解説「夜の動物観察!」や、不忍池を眺めるオープン・ビアガーデンの営業などがある。

 夕闇迫る動物園というのは、普段あまり見ることがない、一種の異世界だ。キリンは黒くて長い巨大な影と化し、サルはサル山から降りて床でごろごろとくつろいでいる。マダガスカルのコーナーでは、バオバブの擬木にワオキツネザルのシルエットが浮かび、なんとも幻想的。

アイアイ@上野動物園

 おすすめなのはアイアイのコーナーだ。
 夜行性なので、普段は昼間に館内を薄暗くして動き回るところを見せているのだが、夜間公開では、ライトが照らされて館内が逆に昼の状態となる。
 このため、寝小屋を開けるまでの一瞬だが、白日の下に晒されたアイアイを観察することができる。(写真は2011年の夜間公開)

上野動物園「真夏の夜の動物園」

 なお、多摩動物公園(東京都日野市)でも、8月の土日及びお盆に開園時間を20時まで(入園は19時まで)延長する「サマーナイト@TamaZoo──ようこそ夜の動物園へ」を開催している。