[感想後記]サンシャイン水族館—8月4日リニューアル・オープン!

サンシャイン水族館

2011年8月4日にリニューアル・オープンするサンシャイン水族館(旧称:サンシャイン国際水族館)のプレス内覧会が、8月1日行われた。
同館は1978(昭和53)年10月5日、ビルにある日本初の高層水族館として開館。2010(平成22)年9月1日よりリニューアル工事のため休館し、今回「天空のオアシス」をコンセプトとして再開する。


サンシャイン水族館

東京湾水槽や、サンゴ保全プロジェクトを紹介する水槽を眺めながら、順路に沿ってまわっていくと、突然、薄暗い館内に陽光が差し込む明るい大水槽に出会う。これが、同館最大水槽「サンシャインラグーン」(約240トン)だ。

サンゴ礁の明るい海をイメージして造られており、ナルトビエイやマダラトビエイが乱舞する。
注目すべきは底に砂が敷き詰められていることで、エイが砂を掘り起こしてエサの貝を獲る様子を見ることができるという。

サンシャイン水族館

報道陣の関心は、このラグーン水槽と近接するクラゲ水槽「ふわりうむ」に集中していたが、ふと後ろを振り返ると、ラッコがのんびりと昼寝をしていた。

上階は「水辺」をテーマにした展示。「アクアプランツ」や「マングローブの森」など、実物の植物を活かした水辺の再現展示が見どころとなっている。旧水族館でもお得意芸だった両生類、爬虫類の展示も健在。

サンシャイン水族館

「日本の清流」水槽では、割と広くとられたスペースで、アユがのびのびと泳いでいるのが印象的だった(上)。
 また、バイカルアザラシ水槽は、冬に結氷するバイカル湖の「氷の下の世界」をイメージした造りとなっている。
 一見、ブラックライトのような、ライティングの妙も楽しみたい。

サンシャイン水族館 サンシャイン水族館

屋外「マリンガーデン」では、直径8mのドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」が人目を引く。時間により、アシカまたはペンギンが泳ぐのだが、地上2m30cmに設置されているのがミソで、今まであまり見たことのない角度からの遊泳シーンが眺められる。

サンシャイン水族館

このほか、ペンギンやピラルクなどの展示スペースも屋外にある。

いささかカオスの様相を呈していたのが、「どうぶつたちの水辺」コーナーで、ワオキツネザルとフェネックとムツオビアルマジロが身を寄せ合うようにうたた寝をし、反対側では、アルダブラゾウガメの背中に乗るミナミコアリクイの脇をショウジョウトキが走り回るなどしていた。
これなど、じっくり眺めていたら「ブレーメンの音楽隊」のようなシーンに出会えそうだ。

サンシャイン水族館 サンシャイン水族館 サンシャイン水族館 サンシャイン水族館

同館では年間パスを、入場料(大人1800円)2回分ちょっとの大人4000円で売り出している。前売りながらすでに1万2000枚を発券し、なかなかの前評判だという。

4〜10月は夜20時まで開館する予定なので、池袋をターミナルにする人は年間パスで、会社や学校の帰りにふらりと非日常に立ち寄るという楽しみ方ができるかもしれない。

サンシャイン水族館 ※2011年8月4日より開館
住所 東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル
TEL 03-3989-3466
開館時間 10:00〜20:00(4〜10月)、10:00〜18:00(11〜3月)
入館料 大人1800円、小中学生900円、幼児600円、65歳以上1500円
交通 JR山手線池袋駅より徒歩10分