[感想後記]「NIPPON VISION 4」(伊勢丹新宿店)

NIPPON VISION 4

 デザイナーのナガオカケンメイによる「NIPPON VISION 4」が、伊勢丹新宿店本館で2011年4月11日まで開催されている。
 伝統工芸をアレンジしたアクセサリーや生活雑貨がテーマ。会場である6階催事場の一角には47個のテーブルが並び、47都道府県の伝統工芸と特産品が紹介・即売されている。

NIPPON VISION 4

 各都道府県につき、衣食住+アクセサリーの4アイテムが出品。焼物のブローチや、伝統工芸の技法を用いたコサージュ、竹細工、手ぬぐいなどに混じって、焼酎の「鳥飼」や善光寺の七味まで並び、気取らない雑多感を演出している。
 岩手、宮城、福島などからも出品されており、「今回は参加できないかと思ったが、新潟経由で何とか商品を搬出した」と宮城の出品者。
 今後、北海道、長野、静岡、大阪、鹿児島などを巡回する予定。