公園へ行こう! 首都圏のおすすめ公園情報

小石川植物園

 ニュースを見てもネットを見ても暗澹たる気分になり、そしてちょっと気を許すと余震が来るという1週間でした。
 この週は自宅待機、自宅勤務という人も多かったようですが、屋内ばかりにいると気が滅入ってしまう。しかし、首都圏のミュージアムやレジャー施設は、計画停電の影響で営業もままならない……というわけで、こんな時こそアウトドアの公園!

 都内の公園は(入園料が必要な公園でも)おおむね計画停電中も日中は開園しているようです。博物月報おすすめの公園・植物園をご紹介。

小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)

小石川植物園 小石川植物園

 東京都文京区にある日本最古の植物園。サクラには早いですが、カンヒザクラやウメがまだ咲いています。園内を軽く一周しただけで、西洋風庭園から和風庭園、雑木林、深山幽谷の密林など、さまざまな表情を楽しめるのが、この植物園の魅力のひとつ。

  • 東京都文京区白山3-7-1
  • 交通 地下鉄丸の内線茗荷谷駅より徒歩15分
  • 入園 大人330円、小学生110円
  • 博物月報のルポはこちら

多摩川台公園

多摩川台公園 亀甲山古墳

 多摩川に沿って広がる公園。園内には全長100m級という都内屈指の巨大古墳が。千数百年間、微動だにせず鎮座している古墳は何とも言えぬ安心感を与える。
 直径10〜20mのミニ古墳(小円墳)も多数あり、遊歩道を散策しながら、どれが古墳かを見てまわると、ちょっとした古墳オリエンテーリングの気分だ。すぐ目の前が多摩川の河川敷なので、天気がよければお弁当持参でくつろぐのがおすすめ。

 

新宿御苑

新宿御苑 新宿御苑

 新宿駅から徒歩10分。ハクモクレンが見頃、シダレザクラがぼちぼちと開花。3月25日〜4月24日の間は特別開園期間となり、期間中無休。

飛鳥山公園

飛鳥山公園 飛鳥山公園・旧渋沢庭園

 飛鳥山公園といえばサクラだが、それ以外にも芝生のきれいな旧渋沢庭園や古墳、蒸気機関車や都電が置かれた遊具コーナーなどがある。飛鳥山公園モノレールは節電のため当分の間、運休。公園内にある紙の博物館渋沢史料館は、2011年3月19日より再開。北区飛鳥山博物館は1階常設展示室の観覧を休止中。

神代植物公園

神代植物公園 神代植物公園

 園内には約4500種類、10万本の樹木が植えられている。もともと東京の街路樹などを育てるための苗圃を緑地公園としたもの。
 3月下旬〜4月上旬に予定していた「さくらライトアップ」を中止したが、日中は通常通り開園。計画停電実施時間帯は大温室を閉園する。