JR仙山線

JR仙山線

この時期、仙山線(仙台〜山形)の車窓はバラエティに富んでいる。紅葉真っ盛りの仙台を出た列車は、広瀬川の上流を目指して進み、車窓はだんだんと秋が深まっていく。峠の長いトンネルを抜け、面白山高原駅にさしかかると、一面真っ白な雪景色。
次の山寺駅では紅葉が薄雪をかぶり、赤と白のコントラストが印象的だ。やがて、列車はふたたび標高を下げ、まだ雪の気配などない山形市街に到着する。秋から冬にかけての季節の移り変わりが楽しめる。